真・闇の会超破落戸的妄想
第十七作目 アニメ遊戯王VRAINS{ヴレインズ}レビュー
真・闇の会サイトマップ

                                           
平成30年 09月 05日 

第67話 AIに宿る慕情
当サイト的5秒CM
(注・公式では有りません)
藤木遊作

AiもTVの前の皆も
 そろそろ思春期という事か……。」





今週は人間という種族を見極める為に
デュエルを挑んできたアースwithインパチ擬きと
デュエルをしているところから始まります。
仁の意識データを奪ったボーマン関連の情報を
聞き出せる可能性も無きにしも非ず。


と思ったらいきなり回想です。
小川の傍で黄昏ているアクアの元に
アースが来ました。


「貴方にお伝えしたい事があります。」
「ままままってくれまだこころのじゅんびが・・・!」
アース、告白ねるとんタイムだと思っています。
頬が紅潮しております。


「もうすぐサイバース世界は分裂します。」
告白ねるとんタイムじゃなかった。残念!
「人間とAIとの共存を渇望む者と袂を別つ者。
 近い未来に必ず……」
アクアにはウソと真実を見分ける力がありますので、
事実誤認がなければ真実なのでしょう。


「私がどちらにつくかは教えられない。」
「何故にホワイ?私は君が選択んだ方につく。
「だからです。イグニスにとって人間は味方なのか。
 それは貴方自身が判断すべき事。」


そう言うとアクアは胸から取り出した
光の玉をアースに渡します。
それがGゴーレム・クリスタルハート。
どちらにつくのかを
自分の目で確認かめさせる為に。
人間とAIの未来を……真実とは何かを。
ていうか子の真実はアクアでも見分けられないと。
このクリスタで答えを出す!!


神属性のイグニスの存在については、
鴻上の「こう」も「がみ」も神の読み方ですので、
鴻上博士が自身の意識データを
イグニス化したとかなんとかありそうです。

プレイメーカー
LP3400
手札 サイバネット・フュージョン、リンク・バック
メインM
エクストラM ゾンビプロセイバー
魔法・罠 スプール・コード(伏せ)
フィールド
墓地 ビットロン、ポイズニング・ブロッカー、リンク・ラッシュ
除外
表向エクストラ
アース
LP4000
手札 重力激変、零重力、
メインM
エクストラM Gゴーレム・クリスタルハート
魔法・罠
フィールド
墓地 Gゴーレム・インヴァリッド・ドルメン、
Gゴーレム・ロックハンマー、Gゴーレム・ロックハンマー、
重力均整、コストダウン
除外
表向エクストラ

Gゴーレム・クリスタルハートの効果発動
墓地の
Gゴーレム・インヴァリッド・ドルメン
自身と相互リンク状態になる様に特殊召喚し、
自身にGゴーレムカウンターを1つ置く!!
Gゴーレムカウンター『0⇒1』
Gゴーレムカウンター1つにつきリンク先の
地属性モンスターの攻撃力を600アップする!!
Gゴーレム・インヴァリッド・ドルメン
攻撃力『2800⇒3400』
Gゴーレム・インヴァリッド・ドルメンの攻撃!!
ゾンビプロセイバーを撃破!!
プレイメーカー『LP3400⇒1600』
ターンエンド!!


Gゴーレム・クリスタルハート
マーカー  ←↓ 属性   種族  サイバース族
ATK   LINK 
(効果不明)

Gゴーレム・
インヴァリッド・ドルメン
マーカー  ↑←→ 属性   種族  サイバース族 ATK  2800 LINK 
地属性モンスター2体以上
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
  自分フィールドの相互リンク状態 のモンスターは
  相手フィールドのモンスターの効果を受けない。
  ②:このカードがモンス ターゾーンに存在する限り、
  攻撃可能な相手モンスターはこのカードを
  攻撃しなければ ならない。
③:このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、
  その守備力を攻撃力 が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。
④:このカードが破壊された時に発動する。
  相手フィールド上に
  表側表示で存在するカードの効果を無効にする。
(カードテキストは一部推定・以下不明)

ゾンビプロセイバー
マーカー   属性   種族  サイバース族 ATK  1600 LINK 
サイバース族の通常モンスター1体
①:このカードのリンク先となる相手フィールドのモンスターが
  戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動出来る。
  その相手モンスター1体を
  相手の墓地から自分フィールドに特殊召喚する。
  この効果で特殊召喚したモンスターは
  エンドフェイズに破壊される。


クリスタでインドルを蘇生した後にゾロイバーを撃破!!
確実にライフを削っていっております。

プレイメーカー
LP1600
手札 サイバネット・フュージョン、リンク・バック
メインM
エクストラM
魔法・罠 スプール・コード(伏せ)
フィールド
墓地 ゾンビプロセイバー、ビットロン、ポイズニング・ブロッカー、
リンク・ラッシュ
除外
表向エクストラ
アース
LP4000
手札 重力激変、零重力、
メインM Gゴーレム・インヴァリッド・ドルメン
エクストラM Gゴーレム・クリスタルハート
魔法・罠
フィールド
墓地 Gゴーレム・ロックハンマー、Gゴーレム・ロックハンマー、
重力均整、コストダウン
除外
表向エクストラ

ドロー!!(クロック・ワイバーン)
クロック・ワイバーンを召喚!!
クロック・ワイバーンの効果発動!!
攻撃力を半分にして
クロックトークンを守備表示で特殊召喚!!
クロックトークンをリンクマーカーにセットして
リンクリボーをリンク召喚!!
魔法カード、
リンク・バックを発動!!
リンクリボーを自身のリンク先の
メインモンスターゾーンに移動し、
そのマーカーの数だけ
デッキの上からカードを墓地に送る!!
(
フリック・クラウン)
魔法カード、
サイバネット・フュージョンを発動!!
クロック・ワイバーンリンクリボーと、
エクストラゾーンにモンスターが存在しないので
墓地の
ゾンビプロセイバーを除外して
融合素材として融合し、
サイバース・クロック・ドラゴンを融合召喚!!
サイバース・クロック・ドラゴンの効果発動!!
素材としたリンクモンスターのマーカーの数だけ
デッキの上からカードを墓地に送り、
(
サイバース・ウィザードランチャー・コマンダー)
その数×1000攻撃力をアップする!!
攻撃力『2500⇒4500』
サイバース・クロック・ドラゴンの攻撃!!
相手の
Gゴーレム・インヴァリッド・ドルメンの効果発動!!
サイバース・クロック・ドラゴンの攻撃対象を
Gゴーレム・クリスタルハートから自身に移す!!
Gゴーレム・インヴァリッド・ドルメンを撃破!!
アース『LP4000⇒2900』
相手の
Gゴーレム・インヴァリッド・ドルメン
効果発動!!
相手フィールドの
全表側表示カードの効果を無効にする!!
サイバース・クロック・ドラゴン
攻撃力『4500⇒2500』

ターンエンド!!


クロック・ワイバーン
★  属性   種族  サイバース族 ATK  1800 DEF 1000
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用出来ない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動出来る。
  このカードの攻撃力を半分にし、
  自分フィールドに「クロックトークン」
  (サイバース族・風・星1・攻/守0)1体を特殊召喚する。

リンクリボー
マーカー   属性   種族  サイバース族 ATK  300 LINK 
レベル1モンスター1体
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:相手モンスターの攻撃宣言時、
  このカードをリリースして発動できる。
  その相手モンスターの攻撃力はターン終了時まで0になる。
②:このカードが墓地に存在する場合、
  自分フィールドのレベル1モンスター1体を
  リリースして発動できる。
  このカードを墓地から特殊召喚する。
  この効果は相手ターンでも発動できる。

リンク・バック
通常魔法
①:EXモンスターゾーンの
  自分のリンクモンスター1体を対象として発動出来る。
  そのモンスターの位置を、
  そのモンスターのリンク先の
  自分のメインモンスターゾーンに移動する。
  その後、対象のモンスターのリンクマーカーの数だけ、
  自分のデッキの上からカードを墓地へ送る。

フリック・クラウン
★  属性   種族  サイバース族 ATK  1000 DEF 1400
このカード名の効果はデュエル中に1度しか使用出来ない。
①:自分の手札が0枚の場合、
  1000LPを払って発動出来る。
  自分はデッキから1枚ドローする。
※この効果はアニメ基準です

サイバネット・フュージョン
通常魔法
①:自分の手札・フィールドから、
  サイバース族の融合モンスターカードによって
  決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
  その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
  EXモンスターゾーンに自分のモンスターが存在しない場合、
  自分の墓地のサイバース族リンクモンスター(1体まで)を
  除外して融合素材とする事も出来る。

サイバース・クロック・ドラゴン
★レベル  属性 闇 種族 サイバース族 ATK 2500 DEF 2000
「クロック・ワイバーン」+リンクモンスター1体以上
①:このカードの融合召喚成功時に発動できる。
  その素材のリンクマーカーの合計分だけ、
  自分のデッキの上からカードを墓地へ送る。
  次のターン終了時まで、他の自分のモンスターは攻撃できず、
  このカードの攻撃力はこの効果で墓地へ送った数×1000
  アップする。
②:自分フィールドにリンクモンスターが存在する限り、
  自分フィールドの他のモンスターを、
  相手は攻撃・効果の対象にできない。
③:融合召喚したこのカードが相手の効果で
  墓地へ送られた場合に発動できる。
  デッキから魔法カード1枚を手札に加える。

サイバース・ウィザード
★  属性   種族  サイバース族 ATK  1800 DEF 800
①:1ターンに1度、
  相手フィールドの攻撃表示モンスター1体を
  対象として発動できる。
  そのモンスターを守備表示にする。
  この効果で守備表示にしたターン、
  自分のモンスターは対象のモンスターしか攻撃できず、
  自分のサイバース族モンスターが
  対象の守備表示モンスターを攻撃した場合、
  その守備力を攻撃力が超えた分だけ
  相手に戦闘ダメージを与える。

ランチャー・コマンダー
★  属性   種族  サイバース族 ATK  1700 DEF 1200
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
  このカード以外の自分フィールドのサイバース族モンスターの
  攻撃力・守備力は300アップする。
②:1ターンに1度、
  自分フィールドのサイバース族モンスター1体をリリースし、
  相手フィールドの表側表示モンスター1体を
  対象として発動できる。
  そのモンスターを破壊する。

リンクリを仲介してサイバネット・フュージョン。
サクロンを融合召喚して効果でパンプアップ!!
「見たか!プレイメーカー様はこんな事もでけるんだぜぃ!!」
クリスタを撃破しようとしますが、
インドルが姫を守護る騎士の如く前に出て
インドルを戦闘破壊する事に。
即ち効果でサクロンの効果が無効になっちゃーう!!


『プレイメーカーは非常に強靭い。
 闇のイグニスはその力を利用する為に
 傍にいるのか……それとも……』
チャランポランなAiにその様な
悪企みをする器量は無いかと。


インドルの騎士ぶりを観て
Aiがサイバース世界での話をする様で。
「ヒャッハー!!」
あ。いきなりAiがリンクリで空中サーフィーしております。
しぇーしゅんだなぁ。


「さっきアクアが俺に気があるって言っただろ。」
あ、Aiがアクアに「危険です!やめて下さい!」と注意されてる。
ダイジョーブイと言った先から激流に自由落下し、
リンクリと一緒にAiの川流れに。
そして危うく滝にのみ込まれてうわらばに。


「何度言えば理解るのです!
 イグニスとしての自覚を持って下さい!」
「えへへ、どうもサーセン。」
Aiを正座ポジションにして説教中。
しかしそれがアースには気に入らなかったみたいで
嫉妬の炎がめらめら。
まさかこれがスペクターの部分?


「これ以上水のイグニスに付きまとうな!
 彼女は私が守護る!!」
三角関係?修羅場?
ていうか水のイグニスとか闇のイグニスとかいう
呼び方に何か伏線とか有るのでしょうか?


「その話を今聞く必要があるのかについて。」
「そんなアクアへの想いが詰まった
 デッキだとしたらさ……G=重いだけに。」
「アースがそこまで人間の感情を
 理解しているAIだとしたら……」
三角関係のもつれを語りつつ、
CMに移ります。




当サイト的
アイキャッチセリフ前編

(注・公式では有りません)
Ai

「ロボッピ!リンクリボー!
 代わりの壁持ってこい代わりの壁!!」




当サイト的
アイキャッチセリフ後編

(注・公式では有りません)
アース

「まるで失恋したての男だな。」


プレイメーカー
LP1600
手札
メインM
エクストラM サイバース・クロック・ドラゴン
魔法・罠 スプール・コード(伏せ)
フィールド
墓地 リンクリボー、ビットロン、クロック・ワイバーン、
サイバース・ウィザード、フリック・クラウン、
ポイズニング・ブロッカー、ランチャー・コマンダー、
サイバネット・フュージョン、リンク・バック、リンク・ラッシュ
除外 ゾンビプロセイバー
表向エクストラ
アース
LP2900
手札 重力激変、零重力、
メインM
エクストラM Gゴーレム・クリスタルハート
魔法・罠
フィールド
墓地 Gゴーレム・インヴァリッド・ドルメン、
Gゴーレム・ロックハンマー、Gゴーレム・ロックハンマー、
重力均整、コストダウン
除外
表向エクストラ

ドロー!!(?)
Gゴーレム・クリスタルハートの効果発動!!
墓地の
Gゴーレム・インヴァリッド・ドルメン
自身と相互リンク状態になる様に特殊召喚し、
自身にGゴーレムカウンターを1つ置く!!
Gゴーレムカウンター『1⇒2』
Gゴーレムカウンター1つにつきリンク先の
地属性モンスターの攻撃力を600アップする!!
Gゴーレム・インヴァリッド・ドルメン
攻撃力『2800⇒4000』
Gゴーレム・インヴァリッド・ドルメン
の攻撃!!
サイバース・クロック・ドラゴンを撃破!!
プレイメーカー『LP1600⇒100』
Gゴーレム・クリスタルハート
の効果発動!!
自身にGゴーレムカウンターが2つ以上の時、
相互リンク状態の
Gゴーレム・インヴァリッド・ドルメン
二回攻撃宣言出来る!!
Gゴーレム・インヴァリッド・ドルメン
ダイレクトアタック!!
相手は伏せ速攻魔法、
スプール・コードを発動!!
Gゴーレム・インヴァリッド・ドルメン
ダイレクトアタックを無効にして
スプールトークンを3体特殊召喚!!
カードを2枚(
重力激変零重力)
伏せ、ターンエンド!!


スプール・コード
速攻魔法
①:自分の墓地にサイバース族モンスターが
  3体以上存在する場合、
  相手モンスターの直接攻撃宣言時に発動出来る。
  その攻撃を無効にし、自分フィールドに
  「スプールトークン」(サイバース族・光・星1・攻/守0)
  を3体まで守備表示で特殊召喚する。
  このトークンはアドバンス召喚のためにはリリース出来ない。


またまたクリスタからインドルが蘇生。
過労死騎士インドルです。
好きなオンナの為ならくたばってもかまわねぇ。
漢と書いてオトコです。

そしてインドルの攻撃でサクロン破壊、
ライフが100で風前の灯火だぁ(棒)。
もはやこの後の展開は鉄壁。


「お前はいい加減だが計算高い奴だ。
 そのお前が選んだ人間ならば、
 このままで終わる訳はない。」
Ai結構評価されてまんな。


ここでインドルが唐突に効果でニレンダァ!!
「じゃあダイレクトアタックでやられちゃうじゃあんか!!」
Ai、めっちゃ焦っとります。てかわざとらしすぎます。
アースにも相変わら過剰なず三文芝居は
かえって逆効果だと酷評されております。
しかし速攻魔法、スプール・コード!!
トークンを三体呼んでダイレクトアタックをストップイット。


「プレイメーカー、どうしてAiと共にいるのだ?
 どう見てもさっきから足を引っ張っている様にしか
 見えない件について。」


「やっと距離が縮まったと思ったら俺をディスるのかお!
 何で一緒にいるのかだって?
 そりゃ俺達が唯一無二の相棒だからに決まってんでしょ!」
「コイツを相棒だと思った事は無い。」
「はぁまたダメっすか?流石セメント系主人公。」


「俺がこいつと共にいる理由は3つある。」
1つ:俺もこいつもやるべき事が存在る

2つ:その為に見つけ出さねばならない共通の敵が存在る

3つ:だから俺達は自らの意思で共にいる

久々に3つが入りました。

ここで
「好きに呼べばいい。」
「う~プレイメーカー。スナオじゃないんだからぁ~」
少し距離が縮まりました。

プレイメーカー
LP100
手札
メインM スプールトークン、スプールトークン、スプールトークン
エクストラM
魔法・罠 スプール・コード(伏せ)
フィールド
墓地 サイバース・クロック・ドラゴン、リンクリボー、
ビットロン、
クロック・ワイバーン、
サイバース・ウィザード、フリック・クラウン、
ポイズニング・ブロッカー、ランチャー・コマンダー、
サイバネット・フュージョン、スプール・コード、リンク・バック、
リンク・ラッシュ
除外 ゾンビプロセイバー
表向エクストラ
アース
LP2900
手札 重力激変、零重力、
メインM
エクストラM Gゴーレム・クリスタルハート
魔法・罠
フィールド
墓地 Gゴーレム・インヴァリッド・ドルメン、
Gゴーレム・ロックハンマー、Gゴーレム・ロックハンマー、
重力均整、コストダウン
除外
表向エクストラ

ドロー!!(リンク・ドライブ)
スプールトークン2体をリンクマーカーにセットして
クロック・リザードをリンク召喚!!
スプールトークン1体をリンクマーカーにセットして
リンク・ディヴォーティーをリンク召喚!!
永続魔法、
リンク・ドライブを発動!!
リンク・ディヴォーティーをリリースして
リンクマーカーの数×500ダメージを与える!!
アース『LP2900⇒2400』
相互リンク状態でリリースされた
リンク・ディヴォーティーの効果発動!!
リンクトークンを2体守備表示で特殊召喚!!
スプールトークン2体をリンクマーカーにセットして
セキュリティ・ドラゴンをリンク召喚!!
セキュリティ・ドラゴンの効果発動!!
Gゴーレム・インヴァリッド・ドルメンを手札に……
相手の
Gゴーレム・インヴァリッド・ドルメン
効果発動!!
相手フィールドのモンスターの効果を受けない!!
クロック・リザードの効果発動!!
自身をリリースして墓地の
サイバース・クロック・ドラゴン
エクストラデッキに戻し、
墓地の
クロック・ワイバーンと自身と
リンクリボーリンク・ディヴォーティーを除外して
サイバース・クロック・ドラゴンを融合召喚!!
素材としたリンクモンスターのマーカーの数だけ
デッキの上からカードを墓地に送り、
(
バックアップ・セクレタリーデジトロン
 
ウィジェット・キッドRAMクラウダー)
その数×1000攻撃力をアップする!!
攻撃力『2500⇒6500』
相手は罠カード、
重力激変を発動!!
Gゴーレム・インヴァリッド・ドルメンを破壊して
相手に自身のモンスターを1体
(
セキュリティ・ドラゴン)破壊させる!!
相手の
Gゴーレム・インヴァリッド・ドルメン
効果発動!!
相手フィールドの
全表側表示カードの効果を無効にする!!
サイバース・クロック・ドラゴン
攻撃力『6500⇒2500』
サイバース・クロック・ドラゴンの攻撃!!
相手は罠カード、
零重力を発動!!
墓地の
Gゴーレム・インヴァリッド・ドルメン
自身と相互リンク状態になる様に特殊召喚!!
相手の
Gゴーレム・クリスタルハートの効果発動!!
Gゴーレムカウンター1つにつきリンク先の
地属性モンスターの攻撃力を600アップする!!
Gゴーレム・インヴァリッド・ドルメン
攻撃力『2800⇒4000』

除外された
クロック・リザードの効果発動!!
このターン中、
相手フィールドの特殊召喚された
モンスターの攻撃力は
墓地のサイバースモンスター×400ダウンする!!
Gゴーレム・インヴァリッド・ドルメン
攻撃力『4000⇒0』
Gゴーレム・クリスタルハート
攻撃力『0⇒0』
Gゴーレム・インヴァリッド・ドルメンを撃破!!
アース『LP2400⇒0』

クロック・リザード
マーカー  ↙↓ 属性  不明 種族  サイバース族
     (推定)
ATK  1200 LINK 
①:フィールド上のこのをリリースして
  墓地の融合モンスターを1枚エクストラデッキに戻す。
  戻した後、自分の墓地からこの効果でエクストラデッキに
  戻した融合モンスターによって決められた
  融合素材モンスターを除外し、
  その融合モンスター1体を
  エクストラデッキから融合召喚する。
②:発動したターンの間、
  相手のフィールドの特殊召喚されたモンスターの攻撃力は
  墓地のサイバースモンスター×400ポイントダウンする。

(カードテキストは推定・以下不明)

リンク・ディヴォーティー
マーカー   属性   種族  サイバース族 ATK  500 LINK 
レベル4以下のサイバース族モンスター1体
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動する。
  このターン、自分はリンク3以上の
  リンクモンスターをリンク召喚できない。
②:相互リンク状態の
  このカードがリリースされた場合に発動できる。
  自分フィールドに「リンクトークン」
  (サイバース族・光・星1・攻/守0)2体を特殊召喚する。

リンク・ドライブ
永続魔法
①:1ターンに1度、
  自分フィールドのリンクモンスター1体を
  リリースしてこの効果を発動出来る。
  リリースしたモンスターの
  リンクマーカーの数×500ダメージを相手に与える。

セキュリティ・ドラゴン
マーカー  ↑↓ 属性   種族  サイバース族 ATK  1100 LINK 
モンスター2体
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがフィールドに
  表側表示で存在する限り1度だけ、
  このカードが相互リンク状態の場合に
  相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
  そのモンスターを持ち主の手札に戻す。

バックアップ・セクレタリー
★  属性   種族  サイバース族 ATK  1200 DEF 800
このカード名の①の方法による特殊召喚は
1ターンに1度しかできない。
①:自分フィールドにサイバース族モンスターが存在する場合、
  このカードは手札から特殊召喚できる。

デジトロン
★レベル 2 属性 地 種族 サイバース族 ATK 1500 DEF 0
電子空間で見つけた亜種。 その情報量は心なしか少し多い。

ウィジェット・キッド
★  属性   種族  サイバース族 ATK  1500 DEF 900
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
  手札からサイバース族モンスター1体を
  守備表示で特殊召喚する。

RAM{ラム}クラウダー
★  属性   種族  サイバース族 ATK  1800 DEF 1000
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのモンスター1体をリリースし、
  自分の墓地のサイバース族モンスター1体を
  対象として発動できる。
  そのモンスターを特殊召喚する。

重力激変{グラビティ・フラクチュエーション}
通常罠
①:自分フィールドの地属性モンスター1体を
  対象として発動出来る。
  そのモンスターを破壊する。
  その後、相手は対象のモンスターの
  攻撃力以下の攻撃力を持つ
  相手フィールドのモンスター1体を選んで破壊する。

零重力{ラブ・グラヴィティ}
通常罠
①:自分の墓地の地属性リンクモンスター1体を
  対象として発動出来る。
  そのモンスターをリンクモンスターのリンク先となる
  自分フィールドに特殊召喚する。

返すターンでクロック・リザードをリンク召喚します。
リンク・ディヴォーティーをリンク召喚&リリースで
トークン二体を特殊召喚して、セキュドラをリンク召喚。
インドルをバウンス…「だがここまでだ。」
インドルはセキュドラの効果を受け付けませんでした。
「誰であろうと破る事は出来ないのだ。」


「何を言うちょるばいアースちゃんよぉ。
 ここまではウォーミングアップ。本番は……」
「これからだ!!」
息がピッタリだな。


クロードをリリースしてサクロンをエクストラに戻し、
更に墓地の素材を除外してサクロン再び。
パンプアップに対して罠カード、重力激変!
アースはインドルを破壊して
プレイメーカーはセキュドラを破壊。
インドル破壊によりサクロンは効果が無効にナッチマー。


だがクリスタは無防備だ!!
だが罠カード、零重力{ラブ・グラヴィティ}!!
ここでインドルがまたまたまた蘇生!!
アースさん許して!インドル過労死しちゃ~う!!


しかしここでクロードの更なる効果発動!!
インドルの攻撃力を0にしてサクロンの攻撃で勝利。
そしてボーマンに対する情報は……
「ボーマンという名前は初めて聞いた。」
という情報を教えてくれましたとさ。


てかそういうオチかよ!!
サイバース世界の分裂……プレイメーカーの胸に
胸騒ぎを残して来週に移る。















次回予告
翔一
「サイバース世界に落ちる不穏な影。
 種の保存と進化を切望む、
 一部のAIが導きだした選択は、
 間もなく人類に余命宣告を突きつける。
 しかしながら、これはただの始まり。
 仕組まれたシナリオは、容易には覆らない。」



遊作
「俺はイグニスと敵対するつもりは無い!!」











遊作
「次回遊戯王VRAINS{ヴレインズ}

 『
密会』」


遊作
INTO THE VRAINS!!


キャスト(敬称略)
藤木遊作/
石毛翔弥
Ai 櫻井孝宏
アクア 川澄綾子
アース 岡林史泰
リンクリボー 金田アキ
鈴木崚太


当サイト的
今週の最強カード

(注・公式では有りません)
クロック・リザード
マーカー  ↙↓ 属性  不明 種族  サイバース族
     (推定)
ATK  1200 LINK 
①:フィールド上のこのをリリースして
  墓地の融合モンスターを1枚エクストラデッキに戻す。
  戻した後、自分の墓地からこの効果でエクストラデッキに
  戻した融合モンスターによって決められた
  融合素材モンスターを除外し、
  その融合モンスター1体を
  エクストラデッキから融合召喚する。
②:発動したターンの間、
  相手のフィールドの特殊召喚されたモンスターの攻撃力は
  墓地のサイバースモンスター×400ポイントダウンする。

(カードテキストは推定・以下不明)











今週は人間という種族を見極める為に
デュエルを挑んできたアースwithインパチ擬きと
デュエルをしているところから始まります。
仁の意識データを奪ったボーマン関連の情報を
聞き出せる可能性も無きにしも非ず。

と思ったらいきなり回想です。
小川の傍で黄昏ているアクアの元に
アースが来ました。

「貴方にお伝えしたい事があります。」
「ままままってくれまだこころのじゅんびが・・・!」
アース、告白ねるとんタイムだと思っています。
頬が紅潮しております。

「もうすぐサイバース世界は分裂します。」
告白ねるとんタイムじゃなかった。残念!
「人間とAIとの共存を渇望む者と袂を別つ者。
 近い未来に必ず……」
アクアにはウソと真実を見分ける力がありますので、
事実誤認がなければ真実なのでしょう。

「私がどちらにつくかは教えられない。」
「何故にホワイ?私は君が選択んだ方につく。
「だからです。イグニスにとって人間は味方なのか。
 それは貴方自身が判断すべき事。」

そう言うとアクアは胸から取り出した
光の玉をアースに渡します。
それがGゴーレム・クリスタルハート。
どちらにつくのかを
自分の目で確認かめさせる為に。
人間とAIの未来を……真実とは何かを。
ていうか子の真実はアクアでも見分けられないと。
このクリスタで答えを出す!!

神属性のイグニスの存在については、
鴻上の「こう」も「がみ」も神の読み方ですので、
鴻上博士が自身の意識データを
イグニス化したとかなんとかありそうです。

デュエルではクリスタで
インドルを蘇生した後にゾロイバーを撃破!!
確実にライフを削っていっております。

リンクリを仲介してサイバネット・フュージョン。
サクロンを融合召喚して効果でパンプアップ!!
「見たか!プレイメーカー様はこんな事もでけるんだぜぃ!!」
クリスタを撃破しようとしますが、
インドルが姫を守護る騎士の如く前に出て
インドルを戦闘破壊する事に。
即ち効果でサクロンの効果が無効になっちゃーう!!

『プレイメーカーは非常に強靭い。
 闇のイグニスはその力を利用する為に
 傍にいるのか……それとも……』
チャランポランなAiにその様な
悪企みをする器量は無いかと。

インドルの騎士ぶりを観て
Aiがサイバース世界での話をする様で。
「ヒャッハー!!」
あ。いきなりAiがリンクリで空中サーフィーしております。
しぇーしゅんだなぁ。

あ、Aiがアクアに「危険です!やめて下さい!」と注意されてる。
ダイジョーブイと言った先から激流に自由落下し、
リンクリと一緒にAiの川流れに。
そして危うく滝にのみ込まれてうわらばに。


「何度言えば理解るのです!
 イグニスとしての自覚を持って下さい!」
「えへへ、どうもサーセン。」
Aiを正座ポジションにして説教中。
しかしそれがアースには気に入らなかったみたいで
嫉妬の炎がめらめら。
まさかこれがスペクターの部分?


「これ以上水のイグニスに付きまとうな!
 彼女は私が守護る!!」
三角関係?修羅場?
ていうか水のイグニスとか闇のイグニスとかいう
呼び方に何か伏線とか有るのでしょうか?

「そんなアクアへの想いが詰まった
 デッキだとしたらさ……G=重いだけに。」
「アースがそこまで人間の感情を
 理解しているAIだとしたら……」


またまたクリスタからインドルが蘇生。
過労死騎士インドルです。
好きなオンナの為ならくたばってもかまわねぇ。
漢と書いてオトコです。

そしてインドルの攻撃でサクロン破壊、
ライフが100で風前の灯火だぁ(棒)。
もはやこの後の展開は鉄壁。

「お前はいい加減だが計算高い奴だ。
 そのお前が選んだ人間ならば、
 このままで終わる訳はない。」
Ai結構評価されてまんな。

ここでインドルが唐突に効果でニレンダァ!!
「じゃあダイレクトアタックでやられちゃうじゃあんか!!」
Ai、めっちゃ焦っとります。てかわざとらしすぎます。
アースにも相変わら過剰なず三文芝居は
かえって逆効果だと酷評されております。
しかし速攻魔法、スプール・コード!!
トークンを三体呼んでダイレクトアタックをストップイット。

「プレイメーカー、どうしてAiと共にいるのだ?
 どう見てもさっきから足を引っ張っている様にしか
 見えない件について。」

「やっと距離が縮まったと思ったら俺をディスるのかお!
 何で一緒にいるのかだって?
 そりゃ俺達が唯一無二の相棒だからに決まってんでしょ!」
「コイツを相棒だと思った事は無い。」
「はぁまたダメっすか?流石セメント系主人公。」

「俺がこいつと共にいる理由は3つある。」
1つ:俺もこいつもやるべき事が存在る

2つ:その為に見つけ出さねばならない共通の敵が存在る

3つ:だから俺達は自らの意思で共にいる

久々に3つが入りました。

ここで
「好きに呼べばいい。」
「う~プレイメーカー。スナオじゃないんだからぁ~」
少し距離が縮まりました。

返すターンでクロック・リザードをリンク召喚します。
リンク・ディヴォーティーをリンク召喚&リリースで
トークン二体を特殊召喚して、セキュドラをリンク召喚。
インドルをバウンス…「だがここまでだ。」
インドルはセキュドラの効果を受け付けませんでした。
「誰であろうと破る事は出来ないのだ。」
「何を言うちょるばいアースちゃんよぉ。
 ここまではウォーミングアップ。本番は……」
「これからだ!!」
息がピッタリだな。

クロードをリリースしてサクロンをエクストラに戻し、
更に墓地の素材を除外してサクロン再び。
パンプアップに対して罠カード、重力激変!
アースはインドルを破壊して
プレイメーカーはセキュドラを破壊。
インドル破壊によりサクロンは効果が無効にナッチマー。

だがクリスタは無防備だ!!
だが罠カード、零重力{ラブ・グラヴィティ}!!
ここでインドルがまたまたまた蘇生!!
アースさん許して!インドル過労死しちゃ~う!!

しかしここでクロードの更なる効果発動!!
インドルの攻撃力を0にしてサクロンの攻撃で勝利。
そしてボーマンに対する情報は……
「ボーマンという名前は初めて聞いた。」
という情報を教えてくれましたとさ。

てかそういうオチかよ!!
サイバース世界の分裂……プレイメーカーの胸に
胸騒ぎを残して来週に移る。
ていうか草薙さん皆勤賞が無くなった!!

来週は謎の洋館でAiとウィンディが
何かを話し合っておりますが、
何やら不穏な空気が漂っております。

何でも人類に余命宣告を突きつけるとか
まんま宣戦布告としか取れない単語が出てきますが、
これがウィンディの意思なのか、
それか他の誰かがそういう意思を持っているという
情報をウィンディが伝えに来たのか……
Aiの態度とか雰囲気からして前者っぽいですが。

てかAi後ろ後ろ!何者かの光が!!
もしかして光のイグニス!?
驚天動地の展開に迫れ!!

































では、又来週!!


本陣へ撤退
本陣へ撤退
撤退
撤退