真・闇の会超破落戸的妄想
第十七作目 アニメ遊戯王VRAINS{ヴレインズ}レビュー
真・闇の会サイトマップ

                                           
平成29年 11月 29日 

第29話  クサナギ・リポート
当サイト的5秒CM
(注・公式では有りません)
Ai

「また総集編かよ……
 こりゃあ復讐じゃなくて復習だな。」






今週は今までの展開の総集編です。
30話にも満たないのに総集編とは
北斗の拳の5連続総集編+2週野球中継を
彷彿とさせます。


クサナギリポート:ファイルナンバー1007
ハノイの騎士はネットワークだけではなく
リアル世界にも影響を及ぼす実在の人間である。
ので遊作達もいつデンジャラスな目に遭うか
わからない状況にあります。


という訳で万が一の事を考えて
リポートを残すというフラグビンビングな行為を
やってのける翔一っつぁんにしびれるあこがれるぅ。


十年前に弟の仁{じん}がロスト事件誘拐され、
遊作も含めて6人の子供達はとある場所に
1人ずつ単独でVR装置一つと共に監禁されます。
てか何気に弟の名前が仁と判明しました。


子供達はひたすらデュエル&食事&睡眠だけの
デュエルで管理される孤戮闘的な生活を強いられます。
デュエルで勝たなければ食事も得られない生活が
6か月間……永遠に続くかと思われた地獄の日々は
レスキュー隊によって終わりを告げる事に。
しかし仁は心を閉ざして体育すわり状態に。


事件の裏にハッカー集団ハノイの騎士の存在を知り、
遊作とタッグを組んでロスト事件の真相を追う為に
ハノイの騎士を追い続ける事に……って、
1話からの総集編になるんですかい?

リンクスレイヤー
★  属性   種族  サイバース族 ATK  2000 DEF 600
①:自分フィールドにモンスターが存在しない場合、
  このカードは手札から特殊召喚できる。
②:1ターンに1度、手札を2枚まで捨て、
  捨てた数だけフィールドの魔法・罠カードを
  対象として発動できる。
  そのカードを破壊する。


そんな時にSOL社とハノイの両方から逃げ回る
AIをハケーンして対ハノイの切り札にする為に
罠を仕掛けてAIをゲットします。
AIに救世主になってもらうといいつつも、
ハノイに対するAI質にするなどちょっとドS。


クラドラをデッキに入れたモブハノイに
今のプレイメーカーは勝てませんが……
ストームアクセスでデコをゲットして
モブハノイを撃破しまっす。

クラッキング・ドラゴン
★  属性   種族  機械族 ATK  3000 DEF 
①:このカードは、このカードのレベル以下の
  レベルを持つ モンスターとの戦闘では破壊されない。
②:このカードがモンスターゾーンに存在し、
  相手がモンスター1体のみを召喚・特殊召喚した時に発動できる。   そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで
  そのレベル×200ダウンし、
  ダウンした数値分だけ相手にダメージを与える。

デコード・トーカー
マーカー  ↑↙↘ 属性   種族  サイバース族 ATK  2300 LINK 
効果モンスター2体以上
①:このカードの攻撃力は、
  このカードのリンク先のモンスターの数×500アップする。
②:自分フィールドのカードを対象とする
  相手の魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
  このカードのリンク先の
  自分のモンスター1体をリリースして発動できる。
  その発動を無効にし破壊する。

そして両者に追われているAIならば
秘密を知っていると踏んで、
JIN-MONをします。
しかし未知のアルゴリズムで
プログラミングされているので
殆ど解析でけずにお手上げに。
しかし僅かに残った映像から
ハノイのリーダーの正体を
突き止める事が出来ました。


その直後にバンの電源がショートし、
外でそのリーダーがドラゴンに乗って
空を飛んでいる姿をハケーン。
喋らないとバラすぞとAiを脅迫して
残っていた僅かな記憶をひねり出させ、
リーダーの名前がリボルバーだと判明。
それがファーストコンタクト。CMに移る。


当サイト的
アイキャッチセリフ前編

(注・公式では有りません)
Ai
「ひとしならひとしくん人形を出せそうなのにな。」




当サイト的
アイキャッチセリフ後編

(注・公式では有りません)

Ai

「つーか最終回までに総集編二桁行くんじゃね?」


リボルバーとは近いうちに
相まみえるという予感がありましたが、
かなり近いうちに相まみえました。
しかも先にデュエルを挑んできたのは
リボルバーの方でした。


ブルーエンジェルに仕込んだ
ウィルス除去プログラムをかけて
プレイメーカーとデュエッ!!
「俺が憎むのは……ハノイの騎士だけだ。」


そのリボルバーはストームアクセスで
良き力のトポロジック・ボマードラゴンこと
ボマゴンをゲットし、
そしてスピードデュエルではドローして
マスターデュエルに移行します。

トポロジック・ボマー・ドラゴン
マーカー  
↑↙↓↘
属性   種族  サイバース族 ATK  3000 LINK 
効果モンスター2体以上
①:このカードがモンスターゾーンに存在し、
  フィールドのリンクモンスターのリンク先に
  このカード以外のモンスターが
  特殊召喚された場合に発動する。
  お互いのメインモンスターゾーンの
  モンスターを全て破壊する。
  このターン、
  このカード以外の自分のモンスターは攻撃できない。
②:このカードが相手モンスターを
  攻撃したダメージ計算後に発動する。
  その相手モンスターの元々の攻撃力分のダメージを
  相手に与える。


そしてもう一体のドラゴン、
ヴァレルロード・ドラゴンこと
レロドラにより追い詰められたプレイメーカーは
このターンで何とかしなければ確実にヤられる。

ヴァレルロード・ドラゴン
マーカー  ←↙↘→ 属性   種族  ドラゴン族 ATK  3000 LINK 
効果モンスター3体以上
①:このカードはモンスター効果の対象にならない。
②:1ターンに1度、
  フィールドの表側表示モンスター1体を
  対象として発動できる。
  そのモンスターの攻撃力・守備力は500ダウンする。
  この効果の発動に対して相手はカードの効果を発動できない。
  この効果は相手ターンでも発動できる。
③:このカードが相手モンスターに
  攻撃するダメージステップ開始時に発動できる。
  その相手モンスターをこのカードの
  リンク先に置いてコントロールを得る。
  そのモンスターは次のターンの
  エンドフェイズに墓地へ送られる。

リボルバーはサイバース達は既に消えたと
言っていますが……まだだよ!まだ消えてはいない!!
さっきストームアクセスでゲットした
ファイアウォール・ドラゴンことフルゴン降臨!!

ファイアウォール・ドラゴン
マーカー  
↑←→↓
属性   種族  サイバース族 ATK  2500 LINK 
モンスター2体以上
①:このカードがフィールドに表側表示で存在する限り1度だけ、
  このカードと相互リンクしているモンスターの数まで、
  自分または相手の、
  フィールド・墓地のモンスターを対象として発動できる。
  そのモンスターを持ち主の手札に戻す。
  この効果は相手ターンでも発動できる。
②:このカードのリンク先のモンスターが、
  戦闘で破壊された場合、
  または墓地へ送られた場合に発動できる。
  手札からモンスター1体を特殊召喚する。

ここでプレイメーカーは負けられない理由を3つ言います。
十年前と3つというキーワードに対して
リボルバーは思い辺りが有る様で。
そしてリボルバー撃破!!
敗れたリボルバーは約束の除去プログラムを渡し、
再戦フラグを立ててアデュー。


しかし以来リボルバーは音信不通。
一体何をしているのやら。
再び現れた時こそがXデーなのか?


しかし遊作達にはNAKAMAがいる!!
Go鬼塚にブルーエンジェル!!
志を同じくしハノイと闘う同志が。


地獄螺戦鬼{ヘルリックス}ゴシックローン
マーカー  ↑↓ 属性   種族  悪魔族(推定) ATK   LINK 
「地獄螺戦鬼」モンスター2体
①:このカードが相手モンスターと戦闘を行う
  ダメージステップ開始時に発動
出来る。
  
フィールド上のこのカードの攻撃力はターン終了時まで、
  
相手モンスターの攻撃力と同じ数値になる。
②:このカードは1ターンに1度だけ戦闘では破壊されない。
  
この効果で戦闘破壊を無効にした場合、ダメージ計算後に、
  このカードの
リンク先に存在するモンスターを1体
  リリースして発動出来る。
  リリースしたモンスターの
  攻撃力分のダメージを相手に与える。
(カードテキストは一部推定)


剛鬼ザ・マスター・オーガ
マーカー  ↑↙↓↘ 属性  
(推定)
種族  
戦士族(推定)
ATK  2800 LINK 
「剛鬼」モンスター2体以上
こ①:1ターンに1度、
  このカードのリンク先の自分の
  「剛鬼」モンスターを任意の数だけ持ち主の手札に戻し、
  手札に戻した数だけ相手フィールドの
  表側表示のカードを対象として発動できる。
  そのカードの効果をターン終了時まで無効にする。
  この効果は相手ターンでも発動できる。
②:このカードは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃でき、
  相手フィールドに表側表示モンスターが存在する場合、
  その内の攻撃力が一番高いモンスターしか
  攻撃対象に選択できない。

ダークマミー・
サージカル・クーパー
マーカー  ↑→↙ 属性   種族  アンデット族 ATK  2400 LINK 
「ダークマミー」モンスター3体
①:このカードの攻撃力は、
  このカードのリンク先のモンスターの数×600アップする。
②:自分がカードをドローした時、
  そのカードが罠カードだった場合、
  そのカードを相手に見せて発動出来る。
  相手に500ダメージを与える。
③:1ターンに1度、
  相手のリンクモンスターのリンク先にモンスターが
  召喚・特殊召喚・セットされた場合に発動出来る。
  その召喚・特殊召喚・セットされたモンスターを破壊する。
  この効果は相手ターンでも発動出来る。

トリックスター・ベラマドンナ
マーカー  ↑→↙↓ 属性   種族  天使族 ATK  2800 LINK 
「トリックスター」モンスター2体
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:リンク召喚したこのカードは、
  このカードのリンク先にモンスターが存在しない場合、
  このカード以外のカードの効果を受けない。
②:このカードのリンク先に
  モンスターが存在しない場合に発動できる。
  自分の墓地の「トリックスター」モンスターの種類×200
  ダメージを相手に与える。

電動蟲{モーターワーム}
スプレッド女王{クイーン}
マーカー  ←↙↓ 属性   種族  昆虫族 ATK  1000 LINK 
昆虫族モンスター2体以上
①:このカードの攻撃力は、
  フィールドの昆虫族モンスターの数×700アップする。
②:1ターンに1度、このカードのリンク先に
  モンスターが存在しない場合に発動出来る。
  このカードのリンク先に「モーターワームトークン」
  (昆虫族・光・星1・攻/守0)1体を特殊召喚する。
  この効果は相手ターンでも発動出来る。
③:このカードがモンスターゾーンに表側表示で存在する限り、
  相手は「モーターワームトークン」を攻撃対象に出来ない。

パワーコード・トーカー
マーカー  ←→↙ 属性   種族  サイバース族 ATK  2300 LINK 
モンスター3体
①:1ターンに1度、
  フィールドの表側表示モンスター1体を
  対象として発動できる。
  そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
②:このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に、
  このカードのリンク先の自分モンスター1体を
  リリースして発動できる。
  このカードの攻撃力はそのダメージ計算時のみ、
  元々の攻撃力の倍になる。
※この効果はOCG基準です

同志達の協力で三騎士に勝利して
アナザー事件は解決しました。
しかしリボルバーが黙っちょるわきゃーない。
Xデーのカウントダウンは既に始まっている?
翔一っつぁんは仁の事を思っており、
誰かがこのポエム…もといリポートを
読む事が有ったら仁に伝えてほしいと。


ここで遊作が胸騒ぎがして来ました。
Ai曰く眠れなくなっちゃったそうで。
「遊作ちゃんってばカワイー」
「お黙り。」
「正直おれも感じてんだ。
 嫌な気配をビシビシとさぁ。」
リボルバーが動き出す嵐の前の静けさ?


「ついにこの時が来た。ハノイの塔……
 このゲームに人類の命運をかける……!!」
と意味ありげまくりなリボルバーの発言で〆ます。














次回予告
翔一
「終末の刻が近づく。
 現実と虚構の世界は共に
 今日という日を境とし、開始まりとなる。
 多くの者が犠牲となり、
 運よく生き残った者も
 己の無力さを嘆くのみ。
 安全な場所など存在はしない。
 流れは変わってしまった。」



遊作
「俺が感じ取った異常……
 何かが起ころうとしている……!!」













遊作
「次回遊戯王VRAINS{ヴレインズ}

 『
奈落への扉』」


遊作
INTO THE VRAINS!!


キャスト(敬称略)
藤木遊作/Playmaker 石毛翔弥
Ai 櫻井孝宏
草薙翔一 木村昴
リボルバー 武内駿輔


当サイト的
今週の最強カード

(注・公式では有りません)
デコード・トーカー
マーカー  ↑↙↘ 属性   種族  サイバース族 ATK  2300 LINK 
効果モンスター2体以上
①:このカードの攻撃力は、
  このカードのリンク先のモンスターの数×500アップする。
②:自分フィールドのカードを対象とする
  相手の魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
  このカードのリンク先の
  自分のモンスター1体をリリースして発動できる。
  その発動を無効にし破壊する。











今週は今までの展開の総集編です。
30話にも満たないのに総集編とは
北斗の拳の5連続総集編+2週野球中継を
彷彿とさせます。

クサナギリポート:ファイルナンバー1007
万が一の事を考えて
リポートを残すというフラグビンビングな行為を
やってのける翔一っつぁんにしびれるあこがれるぅ。

十年前に弟の仁{じん}がロスト事件誘拐され、
遊作も含めて6人の子供達はとある場所に
1人ずつ単独でVR装置一つと共に監禁されます。
てか何気に弟の名前が仁と判明しました。

子供達はひたすらデュエル&食事&睡眠だけの
デュエルで管理される孤戮闘的な生活を強いられます。
デュエルで勝たなければ食事も得られない生活が
6か月間……永遠に続くかと思われた地獄の日々は
レスキュー隊によって終わりを告げる事に。
しかし仁は心を閉ざして体育すわり状態に。

事件の裏にハッカー集団ハノイの騎士の存在を知り、
遊作とタッグを組んでロスト事件の真相を追う為に
ハノイの騎士を追い続ける事に……って、
1話からの総集編になるんですかい?

そんな時にSOL社とハノイの両方から逃げ回る
AIをハケーンして対ハノイの切り札にする為に
罠を仕掛けてAIをゲットします。
AIに救世主になってもらうといいつつも、
ハノイに対するAI質にするなどちょっとドS。

クラドラをデッキに入れたモブハノイに
今のプレイメーカーは勝てませんが……
ストームアクセスでデコをゲットして
モブハノイを撃破しまっす。

そして両者に追われているAIならば
秘密を知っていると踏んで、
JIN-MONをします。
しかし未知のアルゴリズムで
プログラミングされているので
殆ど解析でけずにお手上げに。
しかし僅かに残った映像から
ハノイのリーダーの正体を
突き止める事が出来ました。

その直後にバンの電源がショートし、
外でそのリーダーがドラゴンに乗って
空を飛んでいる姿をハケーン。
喋らないとバラすぞとAiを脅迫して
残っていた僅かな記憶をひねり出させ、
リーダーの名前がリボルバーだと判明。
それがファーストコンタクト。

リボルバーとは近いうちに
相まみえるという予感がありましたが、
かなり近いうちに相まみえました。
しかも先にデュエルを挑んできたのは
リボルバーの方でした。

ブルーエンジェルに仕込んだ
ウィルス除去プログラムをかけて
プレイメーカーとデュエッ!!
「俺が憎むのは……ハノイの騎士だけだ。」

そのリボルバーはストームアクセスで
良き力のトポロジック・ボマードラゴンこと
ボマゴンをゲットし、
そしてスピードデュエルではドローして
マスターデュエルに移行します。

そしてもう一体のドラゴン、
ヴァレルロード・ドラゴンこと
レロドラにより追い詰められたプレイメーカーは
このターンで何とかしなければ確実にヤられる。

リボルバーはサイバース達は既に消えたと
言っていますが……まだだよ!まだ消えてはいない!!
さっきストームアクセスでゲットした
ファイアウォール・ドラゴンことフルゴン降臨!!

ここでプレイメーカーは負けられない理由を3つ言います。
十年前と3つというキーワードに対して
リボルバーは思い辺りが有る様で。
そしてリボルバー撃破!!
敗れたリボルバーは約束の除去プログラムを渡し、
再戦フラグを立ててアデュー。

しかし以来リボルバーは音信不通。
一体何をしているのやら。
再び現れた時こそがXデーなのか?

しかし遊作達にはNAKAMAがいる!!
Go鬼塚にブルーエンジェル!!
志を同じくしハノイと闘う同志が。

同志達の協力で三騎士に勝利して
アナザー事件は解決しました。
しかしリボルバーが黙っちょるわきゃーない。
Xデーのカウントダウンは既に始まっている?
翔一っつぁんは仁の事を思っており、
誰かがこのポエム…もといリポートを
読む事が有ったら仁に伝えてほしいと。

ここで遊作が胸騒ぎがして来ました。
Ai曰く眠れなくなっちゃったそうで。
「遊作ちゃんってばカワイー」
「お黙り。」
「正直おれも感じてんだ。
 嫌な気配をビシビシとさぁ。」
リボルバーが動き出す嵐の前の静けさ?

「ついにこの時が来た。ハノイの塔……
 このゲームに人類の命運をかける……!!」
と意味ありげまくりなリボルバーの発言で〆ます。

来週はブラックホールっぽい球体に
触手が無数に張り付いていて、
顔芸北村がちょっとマブい受付嬢に
報告を受けております。

そんな時に晃とエマが何かを相談しており、
リボルバーが再び動き出します。
そしてスペクターが久々美再び現れます。

一方プレイメーカーも動き出しますが、
その前に謎の電子の巨獣が……!!
まるで巨大版異魔神の様です。































では、又来週!!


本陣へ撤退
本陣へ撤退
撤退
撤退