真・闇の会超破落戸的妄想
第十七作目 アニメ遊戯王VRAINS{ヴレインズ}レビュー
真・闇の会サイトマップ

                                           
平成29年 07月 19日 

第10話 衝撃!サイバース消失
当サイト的5秒CM
(注・公式では有りません)
別所エマ

「データストーム内の状況は実況出来ないけど、
 VRAINSの放送は実況出来るから
 心配しないでね。」





今週はリボルバーとのスピードデュエルで
トポロジック・ボマー・ドラゴンことポマゴンの効果で
ジ・エンド寸前のプレイメーカーから始まります。

リボルバー
LP100
手札
メインM
エクストラM トポロジック・ボマー・ドラゴン
魔法・罠 ドラゴノイド・ジェネレーター、リモート・リボーン(伏せ)
フィールド
墓地 ツイン・トライアングル・ドラゴン、クラッキング・ドラゴン、
ゲートウェイ・ドラゴン、スニッフィング・ドラゴン、
スニッフィング・ドラゴン
除外
表向エクストラ
プレイメーカー
LP300
手札
メインM コンデンサー・デスストーカー
エクストラM
魔法・罠 リンク・リスタート(伏せ)
フィールド
墓地 デコード・トーカー、ハニーボット、リンク・スパイダー、
ビットロン、コンデンサー・デスストーカー、バックアップ・セクレタリー
除外
表向エクストラ

相手はカウンター罠カード、リンク・リスタートを発動!!
トポロジック・ボマー・ドラゴンの効果を無効にする!!
相手は墓地のカウンター罠、
リンク・スタートの効果発動!!
墓地の
デコード・トーカーを特殊召喚!!
ターンエンド!!
永続魔法、
ドラゴノイド・ジェネレーターの効果発動!!
相手に強制的に
ドラゴノイドトークンを特殊召喚させる!!

リンク・リスタート
カウンター罠
①:自分にダメージを与えるモンスターの
  効果・魔法・罠カードが発動した時に発動できる。
  その発動を無効にし、
  自分の墓地からリンクモンスター1体を選んで特殊召喚する。

トポロジック・ボマー・ドラゴン
マーカー  
↑↙↓↘
属性   種族  サイバース族 ATK  3000 LINK 
効果モンスター2体以上
①:このカードがモンスターゾーンに存在し、
  フィールドのリンクモンスターのリンク先に
  このカード以外のモンスターが
  特殊召喚された場合に発動する。
  お互いのメインモンスターゾーンの
  モンスターを全て破壊する。
  このターン、
  このカード以外の自分のモンスターは攻撃できない。
②:このカードが相手モンスターを
  攻撃したダメージ計算後に発動する。
  その相手モンスターの元々の攻撃力分のダメージを
  相手に与える。

デコード・トーカー
マーカー  ↑↙↘ 属性   種族  サイバース族 ATK  2300 LINK 
効果モンスター2体以上
①:このカードの攻撃力は、
  このカードのリンク先のモンスターの数×500アップする。
②:自分フィールドのカードを対象とする
  相手の魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
  このカードのリンク先の
  自分のモンスター1体をリリースして発動できる。
  その発動を無効にし破壊する。

ドラゴノイド・ジェネレーター
永続魔法
1000LPを払ってこのカードを発動できる。
このカード名の①の効果は1ターンに2度まで使用できる。
①:自分メインフェイズに発動できる。
  自分フィールドに「ドラゴノイドトークン」
  (機械族・地・星1・攻/守300)1体を
  攻撃表示で特殊召喚する。
  この効果の発動後、
  ターン終了時まで自分はEXデッキから
  モンスターを特殊召喚できない。
  このターンのエンドフェイズに、
  相手は「ドラゴノイドトークン」1体を
  自身のフィールドに攻撃表示で特殊召喚しなければならない。

しかしプレイメーカーがアサーリやられる訳も無く、
罠カード、リンク・スタートにより、
バーンダメージ無効&デコ蘇生と、
ギリギリで持ちこたえました。
しかしこのターンで何とかしなければ
Aiの言う通り確実に御陀仏です。

リボルバー
LP100
手札
メインM
エクストラM トポロジック・ボマー・ドラゴン
魔法・罠 ドラゴノイド・ジェネレーター、リモート・リボーン(伏せ)
フィールド
墓地 ツイン・トライアングル・ドラゴン、クラッキング・ドラゴン、
ゲートウェイ・ドラゴン、スニッフィング・ドラゴン、
スニッフィング・ドラゴン
除外
表向エクストラ
プレイメーカー
LP300
手札
メインM デコード・トーカー、ドラゴノイドトークン
エクストラM
魔法・罠
フィールド
墓地 デコード・トーカー、ハニーボット、リンク・スパイダー、
ビットロン、
コンデンサー・デスストーカー、バックアップ・セクレタリー
除外 リンク・リスタート
表向エクストラ

ドロー!!(?)
スキル「ストームアクセス」発動!!
????をエクストラデッキにぶち込む!!
相手は罠カード、
リモート・リボーンを発動!!
トポロジック・ボマー・ドラゴン
リンク先である相手フィールドに
相手の
コンデンサー・デスストーカーを特殊召喚!!
トポロジック・ボマー・ドラゴンの効果発動!!
互いのメインフィールドのモンスターを全て破壊する!!
コンデンサー・デスストーカーの効果発動!!
互いに800ダメージを受ける!!
プレイメーカー『LP300⇒0』
リボルバー『LP100⇒0』


リモート・リボーン
通常罠
①:相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
  そのモンスターを自分フィールドの
  リンクモンスターのリンク先となる
  相手のメインモンスターゾーンに特殊召喚する。

コンデンサー・デスストーカー
★  属性   種族  サイバース族 ATK  2000 DEF 1000
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚に成功した時、
  このカード以外の自分フィールドの
  サイバース族モンスター1体を対象として発動できる。
  このモンスターが表側表示で存在する間、
  そのモンスターの攻撃力は800アップする。
②:モンスターゾーンのこのカードが効果で
  破壊され墓地へ送られた場合に発動する。
  お互いのプレイヤーは800ダメージを受ける。

ストームアクセスを使用し、
リボルバーより強力なモンスターを
ゲットするしか勝ち目がねえ。
その為にビッグなデータストームを!!
しかしAIは祈らない。
やるこたぁ勝利つ為の計算のみ!!
「サイバース!データマテリアル解放!!」


マテリアルを解放してAiは
データストームを解放しますが……
リボルバーはこれでスピードデュエルの目的は
達成でけたと謎の発言をします。


鴻上博士は「自ら我が子を始末するとは因果応報」
とかAiの創造主が自分である様な事を言います。
そして謎のカードを転送して……
「父さん。準備は出来た様ですね。」
リボルバーが鴻上博士の息子だというこたぁ
フルネームは鴻上リボルバー?
いやリボルバーはおそらく偽名かリングネーム。
本名が気になるところで。


その直後にデータストームが後ろから!!
間違いなくとんでもない
パワーを持ったモンスターがいるが……
しかしあわてるな、これはハノイの罠だ。


ここで罠カード、リモート・リボーンが発動。
相手フィールドにコンデンを蘇生させるという
一見意味不明の利敵行動をしますが……
その真の目的は……コンデンを蘇生させ、
ポマゴンの効果でフィールド全モンスターを破壊させ、
そしてコンデンの喧嘩両成敗的バーンダメージで
ドローをするという妙に後ろ向きな戦略でした。


と思ったらそうではなかった!!
Aiがデータマテリアル解放の為に開けた穴を
利用して次のステージに移行。
スピードデュエルでは二人の決闘いは窮屈なので、
次なるステージが二人を待っているとの事。


しかしその次なるステージに
解説役のゴーストガールはお呼びでは無い模様で、
ここで待機する事になります。
そしてチェストリオは決着が
SOL社の手の届かないところでつける事に対し、
イグニスがハノイの手に渡れば
SOL社にとって最悪の展開になり、
そしてそれ以上に厄介なのは
ハノイがデータストームを操る技術を持っているのか、
についてある人物を想定します。
恐らくは鴻上博士なのでしょう。
そして元SOL社社員の可能性が浮上……


辿り着いた先はまるでサルガッソーの如き
数々の浮島のあるデータストーム内の世界でした。
ここ台風の目の中心が新しい決闘場となるとの事。
決着の方法はマスターデュエルッ!!!!
スピードデュエルとでは戦略が全く異なり、
リンクモンスターのリンクマーカーの真価は
マスターデュエルでこそ発揮され、
互いに持てる力を余す事無く使えるというもの。

そしてAiはマスターデュエルを
分かり易く視聴者に説明してくれました。


ここで鴻上博士の転送したカードが
リボルバーのデッキにin。
初期ライフはいつもの通り4000で。
CM後にデュエッ!!

当サイト的
アイキャッチセリフ前編

(注・公式では有りません)
Ai

「て・・・て つ や て゛ 
 め ま い か゛ す る・・・」




当サイト的
アイキャッチセリフ後編

(注・公式では有りません)
草薙翔一

「いかん、Aiが8ビットモードになってしまう。」



データストーム内はお客様禁止になっており、
翔一もゴーストガールも見れません。

リボルバー
LP4000
手札 スニッフィング・ドラゴン、弾帯城壁龍、
クイック・リゾルブ、天火の牢獄、
メインM
エクストラM
魔法・罠
フィールド
墓地
除外
表向エクストラ
プレイメーカー
LP4000
手札 インタラプト・レジスタンス、スタック・リバイバー、
バックアップ・セクレタリー、
サイバース・キャッシュ、
メインM
エクストラM
魔法・罠
フィールド
墓地
除外
表向エクストラ

フィールド魔法、天火の牢獄を発動!!
スニッフィング・ドラゴンを召喚!!
スニッフィング・ドラゴンの効果発動!!
デッキから同名カードを1枚手札に加える!!
速攻魔法、
クイック・リゾルブを発動!!
デッキの
マグナヴァレット・ドラゴンを特殊召喚!!
スニッフィング・ドラゴン
マグナヴァレット・ドラゴン
リンクマーカーにセットして
ツイン・トライアングル・ドラゴンをリンク召喚!!
手札の
弾帯城壁龍の効果発動!!
自身を守備表示で特殊召喚!!
弾帯城壁龍の効果発動!!
自身にウォールカウンターを2つ置く!!
ウォールカウンター『0⇒2』
フィールド魔法、
天火の牢獄の効果発動!!
弾帯城壁龍の守備力を300アップする!!
守備力『2100⇒2400』
ターンエンド!!


天火の牢獄
フィールド魔法
①:このカードはこのカード以外の効果では破壊されない。
②:自分フィールドの
  ドラゴン族モンスターの守備力は300アップする。
③:お互いのプレイヤーは、
  お互いのフィールドのリンクモンスターの中で
  リンクマーカーの数が一番多いモンスターよりも
  リンクマーカーの数が少ない
  モンスターのリンク召喚が出来ず、
  リンクモンスター以外のモンスターで攻撃宣言出来ない。
④:フィールドにサイバース族リンクモンスターが
  2体以上存在する場合にこの効果を発動出来る。
  このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
  お互いの手札・フィールド・墓地の
  サイバース族モンスターは攻撃出来ず、
  攻撃対象及び効果の対象にならず、その効果は無効になる。
  この時、自身のフィールドのモンスターが
  サイバース族モンスターのみの
  プレイヤーへの攻撃は直接攻撃になる。
⑤:このカードの④の効果の適用時に
  フィールドに存在したサイバース族モンスターが、
  全てフィールドから離れた場合に発動する。
  このカードを破壊する。

スニッフィング・ドラゴン
★  属性   種族  ドラゴン族 ATK  800 DEF 400
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に
  成功した場合に発動できる。
  デッキから「スニッフィング・ドラゴン」
  1体を手札に加える。

クイック・リゾルブ
速攻魔法
①:デッキから「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。
  この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できず、
  エンドフェイズに破壊される。

マグナヴァレット・ドラゴン
★  属性   種族  ドラゴン族 ATK  1800 DEF 1200
このカード名の①②の効果は
それぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドのこのカードを対象とする
  リンクモンスターの効果が発動した時に発動できる。
  このカードを破壊する。
  その後、フィールドのモンスター1体を選んで墓地へ送る。
②:フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され
  墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
  デッキから「マグナヴァレット・ドラゴン」以外の
  「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する

ツイン・トライアングル・ドラゴン
マーカー  →↓ 属性   種族  ドラゴン族 ATK  1200 LINK 
トークン以外のレベル4以下のドラゴン族モンスター2体
①:このカードがリンク召喚に成功した時、500LPを払い、
  自分の墓地のレベル5以上のモンスター1体を
  対象として発動できる。
  そのモンスターをこのカードのリンク先となる
  自分フィールドに特殊召喚する。
  この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、
  このターン攻撃できない。

弾帯城壁龍{ベルトリング・ウォール・ドラゴン}
★  属性   種族  ドラゴン族 ATK   DEF 2100
①;自分フィールドにドラゴン族リンクモンスターが
  特殊召喚されたときのみ手札から特殊召喚出来る。
②:このカードが(特殊召喚に成功した場合に発動する。
  このカードにウォールカウンターを2つ置く。
③:互いのスタンバイフェイズに発動する。
  このカードにウォールカウンターを1つ置く。
④:このカードに乗っているウォールカウンターの
  数値よりも低いリンクのドラゴン族リンクモンスターが
  リンク召喚された時に発動する。
  このカードにウォールカウンターを1つ置く。
⑤:相手モンスターの攻撃宣言時に発動出来る。
  攻撃対象をこのカードに移し替えてダメージ計算を行う。
⑥:互いのプレイヤーはこのカードに乗っている
  ウォールカウンターの数より高い
  リンクモンスターを特殊召喚出来ない。

(カードテキストは推定・以下不明)

まずフィールド魔法、天火の牢獄を発動。
ドラゴン族の守備力を雀の涙ほど上げ、
互いに召喚可能なリンクは
フィールドのリンクの数値が最も高い
モンスター以上でなければならず、
攻撃宣言はリンクモンスターのみが可能で、
カード効果では破壊されないという
至れり尽くせりのフィールド魔法。


リボルバーは新カテゴリーの
ヴァレットモンスターを駆使して
ツイン・トライアングル・ドラゴンをリンク召喚し、
弾帯城壁龍{ベルトリング・ウォール・ドラゴン}を
守備表示で特殊召喚します。
たまたいじょうへきりゅう……?
互いのプレイヤーはこのカードに乗っている
ウォールカウンターの数より高い
リンクモンスターを召喚出来ないとの事。
ガッチガチのロックですな。

リボルバー
LP4000
手札 スニッフィング・ドラゴン、
メインM 弾帯城壁龍
エクストラM ツイン・トライアングル・ドラゴン
魔法・罠
フィールド 天火の牢獄
墓地 スニッフィング・ドラゴン、マグナヴァレット・ドラゴン、
クイック・リゾルブ
除外
表向エクストラ
プレイメーカー
LP4000
手札 インタラプト・レジスタンス、スタック・リバイバー、
バックアップ・セクレタリー、
サイバース・キャッシュ、
メインM
エクストラM
魔法・罠
フィールド
墓地
除外
表向エクストラ

ドロー!!(リンクスレイヤー)
相手の
弾帯城壁龍の効果発動!!
自身にウォールカウンターを1つ置く!!
ウォールカウンター『2⇒3』
手札の
リンクスレイヤーの効果発動!!
自身を特殊召喚!!
手札の
バックアップ・セクレタリーの効果発動!!
自身を特殊召喚!!
スタック・リバイバーを召喚!!
バックアップ・セクレタリー
リンクスレイヤースタック・リバイバー
リンクマーカーにセットして
エンコード・トーカーをリンク召喚!!
墓地に
スタック・リバイバーの効果発動!!
墓地の
バックアップ・セクレタリーを特殊召喚!!
エンコード・トーカーの攻撃!!
相手の
弾帯城壁龍の効果発動!!
攻撃対象を自身に移す!!
エンコード・トーカーは反射ダメージを受ける!!
プレイメーカー『LP4000⇒3900』
手札の
インタラプト・レジスタンスの効果発動!!
自身を守備表示で特殊召喚!!
インタラプト・レジスタンスの効果発動!!
攻撃力を戦闘で受けたダメージと同じ数値にする!!
攻撃力『?⇒100』
魔法カード、
サイバース・キャッシュを発動!!
カードを2枚(?、?)ドロー!!
カードを1枚(?)
伏せ、ターンエンド!!


リンクスレイヤー
★  属性   種族  サイバース族 ATK  2000 DEF 600
①:自分フィールドにモンスターが存在しない場合、
  このカードは手札から特殊召喚できる。
②:1ターンに1度、手札を2枚まで捨て、
  捨てた数だけフィールドの魔法・罠カードを
  対象として発動できる。
  そのカードを破壊する。

バックアップ・セクレタリー
★  属性   種族  サイバース族 ATK  1200 DEF 800
このカード名の①の方法による特殊召喚は
1ターンに1度しかできない。
①:自分フィールドにサイバース族モンスターが存在する場合、
  このカードは手札から特殊召喚できる。

スタック・リバイバー
★  属性   種族  サイバース族 ATK  100 DEF 600
このカード名の効果はデュエル中に1度しか使用できない。
①:このカードを素材としてリンク召喚した場合、
  このカード以外の自分の墓地の、
  そのリンク召喚の素材としたレベル4以下の
  サイバース族モンスター1体を対象として発動できる。
  そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

エンコード・トーカー
マーカー  ↑↓↘ 属性   種族  サイバース族 ATK  2300 LINK 
サイバース族モンスター2体以上
①:1ターンに1度、
  このカードのリンク先の自分のモンスターが、
  そのモンスターより攻撃力が高い相手モンスターと
  戦闘を行うダメージ計算前に発動できる。
  その自分のモンスターはその戦闘では破壊されず、
  その戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。
  そのダメージ計算後、
  このカードまたはこのカードの
  リンク先の自分のモンスター1体を選び、
  その攻撃力をターン終了時まで、
  その戦闘を行った相手モンスターの攻撃力分アップする。

インタラプト・レジスタンス
★  属性   種族  サイバース族(推定) ATK  不明 DEF 2100
①:自分が戦闘ダメージを受けた時に発動出来る。
  このカードを手札から特殊召喚する。
②:このカードの攻撃力は受けた戦闘ダメージ分の数値になる。
③:1ターンに1度、
  自分フィールドのモンスターが、
  戦闘を行うダメージ計算前に発動できる。
  その自分のモンスターはその戦闘では破壊されず、
  バトルフェイズ中、
  そのモンスターの守備力はこのカードの守備力と同じになる。
(カードテキストは推定・以下不明)

サイバース・キャッシュ
通常魔法
①:自分フィールドに元々の攻撃力と異なる
  サイバース族がいる場合にこの効果を発動出来る。
  デッキから2枚ドローする。

(カードテキストは推定・以下不明)



それに対してリンクスレイヤーを特殊召喚……
「いいね!」と言うAiの目がスマイルワールド。
そしてバックアップ&リバイバーでエコーをリンク召喚!!
続出でリバイバーでバックアップを蘇生!!
エコーでツイン・トライアングル・ドラゴンを攻撃……
と思ったら弾帯に攻撃対象が移ってしまいま。
こんなんじゃあたまったもんじゃねえ。


テレビ大阪 竜巻注意情報
大阪府で竜巻発生のおそれがあります
(この情報は午後7時50分まで有効)
風の急変や雷などが発生した場合は頑丈な
建物へ移動し、安全確保に努めてください


……リアルデータストームはやめてくだしゃい。
ここで魔法カード、サイバース・キャッシュ!!
自分フィールドに元々の攻撃力と異なる
サイバース族がいる時強欲な壺……つええ!!


「守備固めがでけて尚且つ
 プレイメーカー様は伝統の2枚ドロー。」
Aiもニコニコ目です。


しかし新たなリンク召喚の準備に対して
それが命取りとなるとの事。

リボルバー
LP4000
手札 スニッフィング・ドラゴン、
メインM 弾帯城壁龍
エクストラM ツイン・トライアングル・ドラゴン
魔法・罠
フィールド 天火の牢獄
墓地 スニッフィング・ドラゴン、マグナヴァレット・ドラゴン、
クイック・リゾルブ
除外
表向エクストラ
プレイメーカー
LP3900
手札 ?、?
メインM インタラプト・レジスタンス、バックアップ・セクレタリー
エクストラM エンコード・トーカー
魔法・罠 ?(伏せ)
フィールド
墓地 スタック・リバイバー、リンクスレイヤー、
サイバース・キャッシュ
除外
表向エクストラ

ドロー!!(オートヴァレット・ドラゴン)
弾帯城壁龍の効果発動!!
自身にウォールカウンターを1つ置く!!
ウォールカウンター『3⇒4』
オートヴァレット・ドラゴンを召喚!!
ツイン・トライアングル・ドラゴン
オートヴァレット・ドラゴン
リンクマーカーにセットして
スリーバーストショットドラゴンをリンク召喚!!
弾帯城壁龍の効果発動発動!!
自身にウォールカウンターを2つ置く!!
ウォールカウンター『4⇒2』
スリーバーストショットドラゴン
の攻撃!!
相手の
エンコード・トーカーの効果発動!!
バックアップ・セクレタリー
戦闘ダメージと戦闘破壊を無効に……
スリーバーストショットドラゴンの効果発動!!
エンコード・トーカーの効果を無効にする!!
相手は
インタラプト・レジスタンスの効果発動!!
バックアップ・セクレタリーの守備力を
自身と同じにして戦闘破壊を無効にする!!
守備力『800⇒2100』
スリーバーストショットドラゴン
の効果発動!!
貫通ダメージを与える!!
プレイメーカー『LP3900⇒3600』
ターンエンド!!
相手の
インタラプト・レジスタンスの効果発動!!
バックアップ・セクレタリーの守備力を元に戻す!!
守備力『2100⇒800』

オートヴァレット・ドラゴン
★  属性   種族  ドラゴン族 ATK  1600 DEF 1000
このカード名の①②の効果は
それぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドのこのカードを対象とする
  リンクモンスターの効果が発動した時に発動できる。
  このカードを破壊する。
  その後、
  フィールドの魔法・罠カード1枚を選んで墓地へ送る。
②:フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され
  墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
  デッキから「オートヴァレット・ドラゴン」以外の
  「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する

スリーバーストショットドラゴン
マーカー  
↑←↓
属性  闇(推定) 種族  ドラゴン族 ATK  2400 LINK 
トークン以外のモンスター2体以上
①:1ターンに1度、この
カードが戦闘を行う
  ダメージステップ中
に魔法・罠カードが
  
発動した時に発動出来る。
  その発動を無効にする。
②:
このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、
  その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。
③:
(不明)リリースし、自分の墓地のリンクモンスター
  スターを特殊召喚する。
④:(不明)特殊召喚出来る。この効果
(不明)

(カードテキストは一部推定・以下不明)


ここでまさかの新規リンク、
スリーバーストショットドラゴンことリスドラが。
スリーがまるでリボルバードラゴンを彷彿とさせます。
バックアップへの攻撃はエコーとインタラプト・レジスタンスの
二重構えの効果で何とか戦闘破壊を免れます。
てか何故ポマゴンを呼ばない?

リボルバー
LP4000
手札 スニッフィング・ドラゴン、
メインM 弾帯城壁龍
エクストラM スリーバーストショットドラゴン
魔法・罠
フィールド 天火の牢獄
墓地 ツイン・トライアングル・ドラゴン、
オートヴァレット・ドラゴン、スニッフィング・ドラゴン、
マグナヴァレット・ドラゴン、
クイック・リゾルブ
除外
表向エクストラ
プレイメーカー
LP3600
手札 ?、?
メインM インタラプト・レジスタンス、バックアップ・セクレタリー
エクストラM エンコード・トーカー
魔法・罠 ?(伏せ)
フィールド
墓地 スタック・リバイバー、リンクスレイヤー、
サイバース・キャッシュ
除外
表向エクストラ

ドロー!!(バランサーロード)
相手の
弾帯城壁龍の効果発動!!
自身にウォールカウンターを1つ置く!!
ウォールカウンター『2⇒3』
バランサーロードを召喚!!
バランサーロードインタラプト・レジスタンス
バックアップ・セクレタリー
リンクマーカーにセットして
デコード・トーカーをリンク召喚!!
デコード・トーカの効果発動!!
リンク先のモンスター×500アップする!!
(
エンコード・トーカー)
攻撃力『2300⇒2800』
相手のフィールド魔法、
天火の牢獄の効果発動!!
フィールドと墓地と手札の
サイバース族の効果を無効にして
攻撃宣言を行わせない!!
ターンエンド!!


バランサーロード
★  属性   種族  サイバース族 ATK  1700 DEF 1200
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:1ターンに1度、1000LPを払って発動できる。
  このターン自分は通常召喚に加えて1度だけ、
  自分メインフェイズに
  サイバース族モンスター1体を召喚できる。
②:このカードが除外された場合に発動できる。
  手札からレベル4以下のモンスター1体を特殊召喚する。


リボルバー
LP4000
手札 スニッフィング・ドラゴン、
メインM 弾帯城壁龍
エクストラM スリーバーストショットドラゴン
魔法・罠
フィールド 天火の牢獄
墓地 ツイン・トライアングル・ドラゴン、
オートヴァレット・ドラゴン、スニッフィング・ドラゴン、
マグナヴァレット・ドラゴン、
クイック・リゾルブ
除外
表向エクストラ
プレイメーカー
LP3600
手札 ?、?
メインM デコード・トーカー
エクストラM エンコード・トーカー
魔法・罠 ?(伏せ)
フィールド
墓地 インタラプト・レジスタンス、スタック・リバイバー、
バックアップ・セクレタリー、バランサーロード
リンクスレイヤー、
サイバース・キャッシュ
除外
表向エクストラ

弾帯を何とかすべくデコを呼んで
エコー&デコの二枚看板にしますが、
天火の牢獄でフィールド・墓地・手札の
サイバースの効果を無効にして攻撃宣言を行わせない、
というガチガチの種族メタをかましてきます。
しかも効果&攻撃の対象にならない念の入れよう。
サブタイ回収ですかな。サイバース絶対殺すマン。


「意識が・・・おれのいしきが・・・
 ああ・・・く ら く な っ て き や か゛ っ た・・・」
Aiもサイバースなのでバグってハニーです。
おいおいカード効果がリアルで作用してどうする。
来週Aiのお墓を立てるウラか?









次回予告
翔一
「電子の花が咲き乱れ、
 サイバースが消え去った。
 それでも、リボルバーの攻撃の手は緩まない。
 宿敵の手により描かれる、未来回路の輝きは、
 プレイメーカーに更なる過酷な運命を突きつける。」



遊作
「サイバース達はまだここに……
 俺にはその鼓動が聞こえる!!」













遊作
「次回遊戯王VRAINS{ヴレインズ}
 『
轟く弾倉 ヴァレルロード』」


遊作
INTO THE VRAINS!!


キャスト(敬称略)
藤木遊作/Playmaker 石毛翔弥
Ai 櫻井孝宏
草薙翔一 木村昴
別所エマ/ゴーストガール 鎌倉有那
財前晃 山本匠馬
リボルバー 武内駿輔
鴻上博士 菅生隆之
ルーク 巻島康一
ナイト 矢野正明
ビショップ IKKAN
長谷徳人
外崎友亮
武藤真子


当サイト的
今週の最強カード

(注・公式では有りません)
スリーバーストショットドラゴン
マーカー  
↑←↓
属性  闇(推定) 種族  ドラゴン族 ATK  2400 LINK 
トークン以外のモンスター2体以上
①:1ターンに1度、この
カードが戦闘を行う
  ダメージステップ中
に魔法・罠カードが
  
発動した時に発動出来る。
  その発動を無効にする。
②:
このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、
  その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。
③:
(不明)リリースし、自分の墓地のリンクモンスター
  スターを特殊召喚する。
④:(不明)特殊召喚出来る。この効果
(不明)

(カードテキストは一部推定・以下不明)











今週はリボルバーとのスピードデュエルで
トポロジック・ボマー・ドラゴンことポマゴンの効果で
ジ・エンド寸前のプレイメーカーから始まります。

しかしプレイメーカーがアサーリやられる訳も無く、
罠カード、リンク・スタートにより、
バーンダメージ無効&デコ蘇生と、
ギリギリで持ちこたえました。
しかしこのターンで何とかしなければ
Aiの言う通り確実に御陀仏です。

ストームアクセスを使用し、
リボルバーより強力なモンスターを
ゲットするしか勝ち目がねえ。
その為にビッグなデータストームを!!
しかしAIは祈らない。
やるこたぁ勝利つ為の計算のみ!!
「サイバース!データマテリアル解放!!」

マテリアルを解放してAiは
データストームを解放しますが……
リボルバーはこれでスピードデュエルの目的は
達成でけたと謎の発言をします。

鴻上博士は「自ら我が子を始末するとは因果応報」
とかAiの創造主が自分である様な事を言います。
そして謎のカードを転送して……
「父さん。準備は出来た様ですね。」
リボルバーが鴻上博士の息子だというこたぁ
フルネームは鴻上リボルバー?
いやリボルバーはおそらく偽名かリングネーム。
本名が気になるところで。

その直後にデータストームが後ろから!!
間違いなくとんでもない
パワーを持ったモンスターがいるが……
しかしあわてるな、これはハノイの罠だ。

ここで罠カード、リモート・リボーンが発動。
相手フィールドにコンデンを蘇生させるという
一見意味不明の利敵行動をしますが……
その真の目的は……コンデンを蘇生させ、
ポマゴンの効果でフィールド全モンスターを破壊させ、
そしてコンデンの喧嘩両成敗的バーンダメージで
ドローをするという妙に後ろ向きな戦略でした。

と思ったらそうではなかった!!
Aiがデータマテリアル解放の為に開けた穴を
利用して次のステージに移行。
スピードデュエルでは二人の決闘いは窮屈なので、
次なるステージが二人を待っているとの事。

しかしその次なるステージに
解説役のゴーストガールはお呼びでは無い模様で、
ここで待機する事になります。
そしてチェストリオは決着が
SOL社の手の届かないところでつける事に対し、
イグニスがハノイの手に渡れば
SOL社にとって最悪の展開になり、
そしてそれ以上に厄介なのは
ハノイがデータストームを操る技術を持っているのか、
についてある人物を想定します。
恐らくは鴻上博士なのでしょう。
そして元SOL社社員の可能性が浮上……

辿り着いた先はまるでサルガッソーの如き
数々の浮島のあるデータストーム内の世界でした。
ここ台風の目の中心が新しい決闘場となるとの事。
決着の方法はマスターデュエルッ!!!!
スピードデュエルとでは戦略が全く異なり、
リンクモンスターのリンクマーカーの真価は
マスターデュエルでこそ発揮され、
互いに持てる力を余す事無く使えるというもの。

ここで鴻上博士の転送したカードが
リボルバーのデッキにin。

まずフィールド魔法、天火の牢獄を発動。
ドラゴン族の守備力を雀の涙ほど上げ、
互いに召喚可能なリンクは
フィールドのリンクの数値が最も高い
モンスター以上でなければならず、
攻撃宣言はリンクモンスターのみが可能で、
カード効果では破壊されないという
至れり尽くせりのフィールド魔法。

リボルバーは新カテゴリーの
ヴァレットモンスターを駆使して
ツイン・トライアングル・ドラゴンをリンク召喚し、
弾帯城壁龍{ベルトリング・ウォール・ドラゴン}を
守備表示で特殊召喚します。
たまたいじょうへきりゅう……?
互いのプレイヤーはこのカードに乗っている
ウォールカウンターの数より高い
リンクモンスターを召喚出来ないとの事。
ガッチガチのロックですな。

それに対してリンクスレイヤーを特殊召喚……
「いいね!」と言うAiの目がスマイルワールド。
そしてバックアップ&リバイバーでエコーをリンク召喚!!
続出でリバイバーでバックアップを蘇生!!
エコーでツイン・トライアングル・ドラゴンを攻撃……
と思ったら弾帯に攻撃対象が移ってしまいま。
こんなんじゃあたまったもんじゃねえ。

「テレビ大阪 竜巻注意情報」
……リアルデータストームはやめてくだしゃい。
ここで魔法カード、サイバース・キャッシュ!!
自分フィールドに元々の攻撃力と異なる
サイバース族がいる時強欲な壺……つええ!!

「守備固めがでけて尚且つ
 プレイメーカー様は伝統の2枚ドロー。」
Aiもニコニコ目です。
しかし新たなリンク召喚の準備に対して
それが命取りとなるとの事。

ここでまさかの新規リンク、
スリーバーストショットドラゴンことリスドラが。
バックアップへの攻撃はエコーとインタラプト・レジスタンスの
二重構えの効果で何とか戦闘破壊を免れます。
てか何故ポマゴンを呼ばない?

弾帯を何とかすべくデコを呼んで
エコー&デコの二枚看板にしますが、
天火の牢獄でフィールド・墓地・手札の
サイバースの効果を無効にして攻撃宣言を行わせない、
というガチガチの種族メタをかましてきます。
しかも効果&攻撃の対象にならない念の入れよう。
サブタイ回収ですかな。サイバース絶対殺すマン。

「意識が・・・おれのいしきが・・・
 ああ・・・く ら く な っ て き や か゛ っ た・・・」
Aiもサイバースなのでバグってハニーです。
おいおいカード効果がリアルで作用してどうする。
来週Aiのお墓を立てるウラか?

来週は…電子の花とはまた
ポエマーな表現ですな翔一。
その頃Aiは電子の海でサマーバカンス。
しかしこれに耽溺したら
二度と戻ってこれねえフラグだ!!

リボルバーの描く未来回路とは一体!?
ヴァレルロードとは一体!?
弾倉……男装ならGXのレイや
ARC-Ⅴの零羅を思い出します。

しかしプレイメーカーにはサイバースの鼓動が!!
まだまだ諦めるには早過ぎる!!






























では、又来週!!


本陣へ撤退
本陣へ撤退
撤退
撤退