真・闇の会 超破落戸的妄想
   アニメ遊戯王SEVENS{セブンス}レビュー
真・闇の会サイトマップ

                                           
令和2年 10月 10日 

第19話
 玉座たるもの
本日の目玉商品は「やわらげ」

あらゆるコリをもみほぐす✋
当サイト的5秒CM
(注・公式では有りません
セバスチャン

「この後はゴーハ直販テレビショ~ップ~♪」
西園寺ネイル
「嘘はよくない。」





「この新たなる扉の向こうに
 デュエルの王の間が広がっている。
 なのに新たな扉をオープンザドアーする
 カギは一体いずこに!?」
今週は謎の扉の前でカギを探している
遊我から始まり……ってここで脈絡も無く
遊我のところにロボットがやってきて
「ロードのパワーで新たな扉をぶち破っておしまい!!」


……夢オチでした。
取りあえずは夢の中のロボットを忘れないうちにメモを……
あ、サドル状態のカイゾーが充電しちょるばい。


一方ネイルは……多目的チェアーでくつろいでます。
どうやら執事のセバスチャンがこのチェアーの模様。
遊我に大きな興味を持ったネイルは
カイゾーの解析をするにつれて抽出した
これまでの遊我の活動ログの端々に
遊我の行動原理の根幹に結び付く
キーワードが出てくる出てくるという事で
「ロード…どうやら彼は私に似ている様だ。
 だが私のセツリにロードは無い。」
ゴーハを離脱してマイロードを進むフラグがビンビング。


そんなネイルに対してセバスチャンは
次のラッシュデュエルには
「どうか私めを機会を」
と自推してきます。機械だけに。


「これ以上彼の好き勝手は許るしません。
 ネイルに様はこのセバスチャンに座る資格を持つお方。
 対して王道遊我は量産品の自転車のサドルを
 従える様なただの少年。
 ネイル様の邪魔をする事がどれだけ
 愚かな行為であるかを
 思い知らせて差し上げましょう。」


そんなセバスチャンに対してネイル曰く
「君がそんなに感情的になるとはね。」
「私はネイル様が正しき道をお進みになるのを
 お手伝いする様にプログラムされているだけで
 ゴザイマス。
 我々AIは感情に流されないからこそ
 価値があるのです。」
感情に流されるフラグビンビングでゴザイマス。


一方遊我サイドでは
「そのスーパーラッシュロボが夢の中で
 閉じ込められていたぼくを救い出そうとしてくれただ。
 それでSRRが新しい世界の扉を開く鍵に
 なるんじゃあないかと……
 この設計図通りロボが完成したら
 ぼくが生み出した中でも
 サイコーのロードになる予感がするんだ。」」
つまりは最終章に完成するという事ですか?


「お~っと!このロミン裏切り者時代の
 地層に埋まっちょるのは嘘発見器じゃないか!!」
ルークよ、裏切り者時代の地層とは一体何ジャラホイ?
嘘発見器を自力で作り出すとか
遊我のスペックは相も変わらずゴイす。
それはそうと今まで作ったロードの山を
少しは整理整頓したら?とロミンに指摘されます。


「要らないものなんて無いよ。
 ロードは全部ぼくの大切な宝物。」
遊我は断捨離がでけない性格の模様。
一つ間違えれば遊我ハウスが
ゴミ屋敷になりそうな気が……。


「カイゾーもぼくのロードだし。
 出来た!!スーパーラッシュロボの設計図!!」
「これは……ロボの最も大事な
 部分のパーツにカイゾーが!!」
ロボの最も大事な部分というと
頭脳……じゃなくてコカンかよ!!


「カイゾーはロボの冷却装置にしようと思ってね。」
「確かについてる場所は
 大事な部分かもしれませんが……
 遊我の…遊我の…アホロード!!」


家出しようとするカイゾーを追うロミンが
何故か庭でマッサージチェアを発見しました。
しかし遊我のロードではなさそうですので、
まさか送り付け詐欺……
嗚呼!ルークが勝手に座っちょるばい!!


「き・・・きもちいいいいい~」
るーくがとろんとろんになっちょるばい。
「ああ~きもちいいいいい~~」
るーくだけじゃなくてゆーがたちも
ゆーわくにまけてめろめろぉ。
マッサージチェアに二コマ堕ちしたとことで……
何故か遊我ハウスの空き地にいるのに
落とし穴が出てきて二コマ落ちに。
展開が早すぎです。


待っていたセバスチャンによれば
このマッサージチェアはゴーハの
大ヒット商品「やわらぎ」だそうです。
てかゴーハって何でも作ってんのな。


「もっとも私のそれに比べれば
 雲泥の差ではございますが。」
「ナヌー!?そんなに気持ちがいいなら試してみないと!!」
「椅子が喋った事に驚きなさいよ。」
ロミン……ルークが今さらそんな匙に驚くとでも?
遊戯王の世界では椅子が喋る事等日常茶飯事ぞ!


「本日は貴方様に身の程を思い知って頂きマンモス。
 偉大なるネイル様のセツリの前に立ちはだかろうとは
 まさに愚の骨頂ガチョーン。
 是非ともマッサージチェアラッシュデュエルで
 お手合わせ願いたい。
 私をこれまでのデュエリストと同じだと
 考えない方がよろしいかと。
 ペナルティーが6になるより先に
 そのお心粉々に砕いて差し上げます故。」
ロボットモードのセバスチャンは……
遊我もカッコイーと称賛するフォルムの模様。

セバスチャン
LP4000
手札 ドウェルチェア・ギア、ドウェルチェア・セイバー、
コラプス・チェア、玉座の威光
メインM  
エクストラM  
魔法・罠  
フィールド  
墓地  
除外  
遊我
LP4000
手札 ダーク・ソーサラー、ライト・ソーサラー、
クリボット、
火の粉のカーテン
メインM  
エクストラM  
魔法・罠  
フィールド  
墓地  
除外  

ドロー!!(ドウェルチェア・ギア)
ドウェルチェア・ギアを召喚!!
ドウェルチェア・ボーンを召喚!!
ドウェルチェア・セイバーを召喚!!
カードを2枚(
コラプス・チェア玉座の威光)
伏せ、ターンエンド!!




セバスチャンが召喚いたしますは
ギア ボーン セイバーの
ドウェルチェアモンスター三体でございます。
世界の腰掛大博覧会byルーク


しかし攻撃力が0のバニラを
三体並べて落ち着き払った態度が
何かあると言っている様なものです。

セバスチャン
LP4000
手札
メインM ドウェルチェア・ギア、ドウェルチェア・セイバー、
ドウェルチェア・ボーン
 
エクストラM  
魔法・罠 コラプス・チェア(伏せ)、玉座の威光(伏せ) 
フィールド  
墓地  
除外  
遊我
LP4000
手札 ダーク・ソーサラー、ライト・ソーサラー、
クリボット、
火の粉のカーテン
メインM  
エクストラM  
魔法・罠  
フィールド  
墓地  
除外  

ドロー!!(風使いトルネ)
ダーク・ソーサラーを召喚!!
ライト・ソーサラーを召喚!!
クリボットを召喚!!
クリボットをリリースして
風使いトルネをアドバンス召喚!!
ードを1枚(
火の粉のカーテン)伏せる!!
風使いトルネの攻撃!!
ドウェルチェア・ギアを撃破!!
セバスチャン『LP4000⇒2400』
相手は罠カード、
コラプス・チェアを発動!!
互いのフィールドのモンスターを全て破壊し、
破壊されたモンスターの数だけ互いは
デッキからカードを墓地に送る!!
セバスチャン
(
ドウェルチェア・ギアドウェルチェア・セイバー
ドウェルチェア・ボーン
貫通!
ワンサイド・リバース)
遊我
(
スペル・アーチャー貫通!クリボットリプル
風精の加護ダーク・リベレイション)
ターンエンド!!
ターンエンド!!





返すターンでダクラにイソラ、
そして風トルネ(リリース:クリボット)を
連続召喚して一気に勝負を決めようとしますが、
何か企んでいると知りつつ
「それってすごくワクワクする!」
とアクティブなデュエルを通します。


……あれ?アサーリ攻撃を通した。
ダメージ量がトリガーの効果なのでしょうか?
罠カード、コラプス・チェアでした。
互いのモンスターを破壊した後、
破壊されたモンスターの数だけ
互いのデッキからカードを墓地に送るという
全体破壊+デッキデス効果の為に
わざと大ダメージを……って、
これダメージを受ける必要があったのでしょうか?
守備表示でもよかった様な気がするんですが。


「私に感情は必要ございません。
 備わるべきはお仕えする主を
 勝利に導く合理性のみ。
 人に使えるべきものが
 人に抱かれ震えている等
 椅子の風上にも置けない。」
「椅子に風上とか風下とかあるのか?」
今日はルークの発言が一々正鵠を射ております。


「椅子…それは人類に寄り添う永遠の従者。
 この星に文明が生まれた瞬間より今日まで
 幸ある時も悩める時も
 人間とともに歴史を紡いできた椅子!
 その進化の頂点に君臨するいすこそが
 ジスイズマッサージチェア!!」


「揉める者が椅子社会を支配だと!?」
「何を隠そうこの私こそゴーはコーポレーションが
 持てる技術の粋を結集し開発した
 究極のマッサージチェア!!
 まさにマッサージ玉座なのです!!」

マッサージ玉座とは……まるで意味が分からんぞ。
一流・普通・二流・三流・デュエリストどもき・映す価値なし
でもどきは木箱でしょうか?
デュエルからマッサージチェア製作まで
ゴーハってマジで何でもする会社ですな。
下手すれば警備関係もやってそうです。


「マッサージ玉座とは世の王族や貴族達の中でも
 選ばれし者だけがくつろぐ事を許されたまさに椅子の王。
 最上のもみ心地を極めただけにとどまらず、
 執事としての仕事を完ぺきにこなせる上、
 更には主に対し最強の帝王学を教育出来る様
 プログラミングまでが施されたこれぞ玉座の極み。」
ギョクザノキワミ!アッー!!


「即ちマッサージ玉座を従える者は
 人類を従える資格を持つ者と言っても
 過言では中目黒!!」
何という超理論。


「ネイル様はそのマッサージ玉座……
 しかも特別漆塗り限定品である
 私に座る資格のある者
 対して貴方はたかが量産品のサドルを従える
 ミジンコがごとき存在。
 あえて言いましょう。カスであ……もとい、
 人間の価値はその尻の下に
 従える椅子によって決定まるのだと!」
時事ネタで言えば上級国民には上級椅子、
庶民である下級国民には下級椅子とな?




当サイト的
アイキャッチセリフ前編

(注・公式では有りません)
カイゾー
「小学生は下ネタが好きなのですか……。」





当サイト的
アイキャッチセリフ後編

(注・公式では有りません)
霧島ロミン
「思春期になると更にアレになるかもね。」



セバスチャン
LP2400
手札
メインM  
エクストラM  
魔法・罠 玉座の威光(伏せ) 
フィールド  
墓地 ドウェルチェア・ギア、ドウェルチェア・ギア、
ドウェルチェア・セイバー、ドウェルチェア・セイバー、
ドウェルチェア・ボーン、ドウェルチェア・ボーン、
貫通!、ワンサイド・リバース、コラプス・チェア 
除外  
遊我
LP4000
手札
メインM
エクストラM  
魔法・罠 火の粉のカーテン(伏せ) 
フィールド  
墓地 スペル・アーチャー、ダーク・ソーサラー、ライト・ソーサラー、風使いトルネ、クリボット、
貫通!、クリボットリプル、風精の加護、
ダーク・リベレイション 
除外  

ドロー!!(ドウェルチェア・ギア
ドウェルチェア・ボーン
イスの冥王ダユー
暗黒の玉座
王座の門)
カードを1枚(
王座の門)伏せる!!
ドウェルチェア・ギアを召喚!!
ドウェルチェア・ボーンを召喚!!
ドウェルチェア・ギア
ドウェルチェア・ボーンをリリースして!
暗黒の玉座をアドバンス召喚!!
暗黒の玉座の効果発動!!
自分の墓地に攻撃力0の
モンスターが8体以上いるので
手札の
イスの冥王ダユーを特殊召喚!!
イスの冥王ダユーの効果発動!!
デッキの上のカードを1枚(
ハンマークラッシュ)
墓地に送って
暗黒の玉座
レベル×500自身の攻撃力をアップする!!
攻撃力『0⇒4000』
イスの冥王ダユーのダイレクトアタック!!
相手は罠カード、
火の粉のカーテンを発動!!
イスの冥王ダユーの攻撃力を500ダウンさせる!!
攻撃力『3000⇒3500』
ターンエンド!!
イスの冥王ダユーの効果発動!!
自身の攻撃力を元に戻す!!
攻撃力『3500⇒0』



ギア&ボーンの二脚をリリースして
暗黒の玉座{スローン・オブ・ダークネス}、
略してスロースをアドバンス召喚します。
数を脚と数えるのは凝っておりますが……
まるでドン・サウザンドの玉座です。


そしてイスの冥王ダユー略して義太夫、
もといイダユーを効果で特殊召喚し、
更にイダユーをパンプアップします。
イスの、というとクトゥルフを連想させますな。


イダユーのダイレクトアタックでジ・エンd
「火の粉のカーテン!」
火の粉のカーテンは某ホラコメ漫画の
丸太並の頼もしさがあります。
そしてイダユーは攻撃力が0に戻ります。
乾坤一擲の攻撃は見事に外れました。


「フ…どうやらお前は自分が椅子であるにも関わらず、
 絶対の確信という椅子の上に胡坐をかいていた様だな!」
椅子が椅子の上にあぐらを……?
あ、セバスチャンにスルーされちょるばい。


「お前達を勝たせる訳には
 ネイル様を敗北させる訳には
 私に座る者はさいきょうでいてもらわなそdfdさ」
バグってセバスチャン。


セバスチャン
LP2400
手札
メインM イスの冥王ダユー、暗黒の玉座 
エクストラM  
魔法・罠 玉座の門(伏せ)、玉座の威光(伏せ) 
フィールド  
墓地 ドウェルチェア・ギア、ドウェルチェア・ギア、
ドウェルチェア・ギア、ドウェルチェア・セイバー、
ドウェルチェア・セイバー、ドウェルチェア・セイバー、
ドウェルチェア・ボーン、ドウェルチェア・ボーン、
貫通!、ハンマークラッシュ、ワンサイド・リバース、
コラプス・チェア 
除外  
遊我
LP500
手札
メインM
エクストラM  
魔法・罠  
フィールド  
墓地 スペル・アーチャー、ダーク・ソーサラー、
ライト・ソーサラー、
風使いトルネ、クリボット、
貫通!、クリボットリプル、風精の加護、
ダーク・リベレイション、火の粉のカーテン 
除外  

ドロー!!(ハイドロ・マジシャンはぐれ使い魔
風の子サイクセブンスロード・マジシャン
ロードマジック・バックフロー)
風の子サイクを召喚!!
はぐれ使い魔を召喚!!
風の子サイクはぐれ使い魔をリリースして
セブンスロード・マジシャンをアドバンス召喚!!
相手は罠カード、
玉座の威光を発動!!
イスの冥王ダユーを手札に戻して
そのレベルと同じ枚数のカードをドロー
(?、?、?、?、?、?、?)させ、
発動ターン中攻撃力が0のモンスターに
攻撃が出来なくさせる!!
相手は罠カード、
王座の門を発動!!
セブンスロード・マジシャンを手札に戻し、
相手に手札からランダムに1枚選ばせる!!
セブンスロード・マジシャン!!」
戻した
セブンスロード・マジシャンと同じなので
相手は
セブンスロード・マジシャンを特殊召喚!!
魔法カード、
ロードマジック・バックフローを発動!!
暗黒の玉座を手札に戻させる!!
デッキの一番上のカードを1枚
(
魔剣士アンサラー)墓地に送り、
墓地のモンスターの属性の種類×300
自身の攻撃力をアップする!!
攻撃力『2100⇒3900』
セブンスロード・マジシャン
のダイレクトアタック!!
セバスチャン『LP2400⇒0』




アドバンス召喚されたセブシャンに対して
罠カード、玉座の威光{パワー・オブ・スローン}で
イダユーのバウンスと7枚カードをドローを
引き換えに攻撃力0のモンスターに
攻撃出来なくします。


口調も荒々しくなって感情で動いているという
自覚が無く勘定で動いております。
更になる罠の王座の門{ゲート・オブ・スローンズ}で
セブシャンをバウンスさせて
「安物売れ残り品大処分セールの開幕DA!」
とカードを変化させた数々のサドルの中から
カイゾーを見つけ出せればセブシャンは戻るが
間違えたら1000バーンで敗北!!


「見つけられるか?でけるわきゃーない!
 キシャマにも聞かせてやりたかったよ!
 オリジナルデータを吸い上げた時に
 ソイツが垂れ流したヒメイを!!
 見せてやりたかったよ!
 怯えに引き裂かれた目を!!」


「お前がカイゾーをカチコミしたのか!!?」
「アイアムキングオブチェアー!!
 パシリに命じたに決まっておろうが!
 そしてそんなクズよりも更にカスだ!!
 お前のサドルは恐怖なんて感情を持つとはのぁ!」
クズだのカスだの……by遊星


「カスなんかじゃない!
 だってカイゾーはいつだって
 私達の側ににいてくれた。
 ……かな?」


「カイゾーがいなければ私達は
 きっと多くの笑顔を失っていた!!
 ……かな?」


「そしてそんなアイツを
 遊我なら絶対に見つけられる。よな!!」


「間違えるわきゃーないだろ。」
かなかなよなとかロミンと学人とルークが
ここでもネタを忘れません。


「だってカイゾーは人の優しさや
 相手の優しさが理解出来る、
 ぼくの作ったロード…大切な仲間なんだから。な!」
「カイゾー!」「やったな遊我!」「流石です!」
さすがは遊我です。


「確かにカイゾーは超ポンコツよ!
 役にも立たないどころか足を引っ張る厄介者!!」
「だからこそカイゾーなのです!
 だからこそ私達は彼が大好きなのです!」
「それが理解らないなんてな。
 どっちがオロカかそいつに教えちゃれ遊我!!」
ダメ子程かわいいといいますが……


魔法カード、ロード・マジック-バックフローで
スロースをバウンスさせて自身の効果で
パンプアップさせてからセブシャンでダイレクトアタック!!


「椅子キングめ、あぐらをかいていた罰だ!」
ムシキングみたいだなルーク。
罰といえば……ボッシュートは
「ちからぐあいはいかがですか
 チカラグアイハイカガデスカ」
あ、壊れた。ついでに遊我達も強制帰還です。


遊我ハウスでは……
「私は遊我に…皆さんに愛されていたのですね。」
「だから安心して。貴方のオリジナルデータは
 必ず取り戻してあげるから。」
という訳で書き直されたスーパーラッシュロボの
設計図ではロボの招集装置としてカイゾーは
お尻に装着する設定になってオリオン座。
小学生は下ネタがお好きという事でしょうか?


一方セバスチャンはボッシュートされておらず……
「これ以上ネイル様のお側にいる訳にはいきません。
 私めを粗大ごみとして廃棄して下さいませ。
 後は私に代わる新しいマッサージチェアを……」
「私がそばに置きたいのは
 マッサージチェアじゃない。
 セバスチャン、君だ。」
「故障でしょうか……この様なプログラムは
 インストールされていない筈ですが……」
セバスチャンの目にも涙。
どうやらネイルはただの部下には冷酷ですが
身内の部下は大切にする模様です。
来週の敵は一体!?









次回予告
TVVer
遊我

「遊我と!」

ルーク
「ルークの!」
遊我&ルーク
「モンスター研究所!!」×2

ルーク
「今日はセバスチャンのモンスター
 暗黒の玉座{スローン・オブ・ダークネス}だな。」
遊我
「攻撃力0のモンスターを
 手札から特殊鋼化する効果だね。」

ルーク
「効果で出てきたイスの冥王ダユーにも驚いたぜ。」
遊我
「まさか攻撃力が4000にまでアップするとは。
 スゴいコンボだったよ。」













遊我
「次回遊戯王SEVENS{セブンス}

 『オトナはつらいよ』」


遊我
んっふっふ~ん♪



キャスト(敬称略)
王道遊我 石橋陽彩
上城龍久{ルーク} 矢代拓
蒼月学人 花江夏樹
霧島ロミン 楠木ともり
カイゾー 小林裕介
西園寺ネイル 松岡禎丞
セバスチャン 多田野曜平
熊谷健太郎
山根雅史
河村梨恵
森永千才

ヨシオの夢とは?ミミの想いとは?

バブルVS世紀末 完全決着!?
暗黒の玉座{スローン・オブ・ダークネス}
★  属性   種族  悪魔族 ATK   DEF 2500
【条件】自分の墓地にモンスター(攻撃力0)が
    8体以上いる場合に発動できる。
【効果】手札のモンスター(レベル7以上/攻撃力0)1体を
    自分フィールドに攻撃表示で特殊召喚する。













今週は謎の扉の前でカギを探している
遊我から始まり……ってここで脈絡も無く
遊我のところにロボットがやってきて
「ロードのパワーで新たな扉をぶち破っておしまい!!」
……夢オチでした。
取りあえずは夢の中のロボットを忘れないうちにメモを……
あ、サドル状態のカイゾーが充電しちょるばい。

一方ネイルは……多目的チェアーでくつろいでます。
どうやら執事のセバスチャンがこのチェアーの模様。
遊我に大きな興味を持ったネイルは
カイゾーの解析をするにつれて抽出した
これまでの遊我の活動ログの端々に
遊我の行動原理の根幹に結び付く
キーワードが出てくる出てくるという事で

そんなネイルに対してセバスチャンは
次のラッシュデュエルには
「どうか私めを機会を」
と自推してきます。機械だけに。

「ネイルに様はこのセバスチャンに座る資格を持つお方。
 対して王道遊我は量産品の自転車のサドルを
 従える様なただの少年。」

そんなセバスチャンに対してネイル曰く
「君がそんなに感情的になるとはね。」
「我々AIは感情に流されないからこそ
 価値があるのです。」
感情に流されるフラグビンビングでゴザイマス。

一方遊我サイドでは
「そのスーパーラッシュロボが夢の中で
 閉じ込められていたぼくを救い出そうとしてくれただ。
 それでSRRが新しい世界の扉を開く鍵に
 なるんじゃあないかと……
 この設計図通りロボが完成したら
 ぼくが生み出した中でも
 サイコーのロードになる予感がするんだ。」」

つまりは最終章に完成するという事ですか?
それはそうと今まで作ったロードの山を
少しは整理整頓したら?とロミンに指摘されます。

「要らないものなんて無いよ。
 ロードは全部ぼくの大切な宝物。」
遊我は断捨離がでけない性格の模様。
一つ間違えれば遊我ハウスが
ゴミ屋敷になりそうな気が……。

「カイゾーもぼくのロードだし。
 出来た!!スーパーラッシュロボの設計図!!」
「これは……ロボの最も大事な
 部分のパーツにカイゾーが!!」
ロボの最も大事な部分というと
頭脳……じゃなくてコカンかよ!!
家出しようとするカイゾーを追うロミンが
何故か庭でマッサージチェアを発見しました。
しかし遊我のロードではなさそうですので、
まさか送り付け詐欺……
嗚呼!ルークが勝手に座っちょるばい!!

「き・・・きもちいいいいい~」
るーくがとろんとろんになっちょるばい。
「ああ~きもちいいいいい~~」
るーくだけじゃなくてゆーがたちも
ゆーわくにまけてめろめろぉ。
マッサージチェアに二コマ堕ちしたとことで……
何故か遊我ハウスの空き地にいるのに
落とし穴が出てきて二コマ落ちに。
展開が早すぎです。

待っていたセバスチャンによれば
このマッサージチェアはゴーハの
大ヒット商品「やわらぎ」だそうです。
てかゴーハって何でも作ってんのな。

「もっとも私のそれに比べれば
 雲泥の差ではございますが。」
「ナヌー!?そんなに気持ちがいいなら試してみないと!!」
「椅子が喋った事に驚きなさいよ。」
ロミン……ルークが今さらそんな匙に驚くとでも?
遊戯王の世界では椅子が喋る事等日常茶飯事ぞ!

「本日は貴方様に身の程を思い知って頂きマンモス。
 偉大なるネイル様のセツリの前に立ちはだかろうとは
 まさに愚の骨頂ガチョーン。
 是非ともマッサージチェアラッシュデュエルで
 お手合わせ願いたい。
 私をこれまでのデュエリストと同じだと
 考えない方がよろしいかと。
 ペナルティーが6になるより先に
 そのお心粉々に砕いて差し上げます故。」
ロボットモードのセバスチャンは……
遊我もカッコイーと称賛するフォルムの模様。

セバスチャンが召喚いたしますは
ギア ボーン セイバーの
ドウェルチェアモンスター三体でございます。
世界の腰掛大博覧会byルーク

しかし攻撃力が0のバニラを
三体並べて落ち着き払った態度が
何かあると言っている様なものです。

返すターンでダクラにイソラ、
そして風トルネ(リリース:クリボット)を
連続召喚して一気に勝負を決めようとしますが、
何か企んでいると知りつつ
「それってすごくワクワクする!」
とアクティブなデュエルを通します。

……あれ?アサーリ攻撃を通した。
ダメージ量がトリガーの効果なのでしょうか?
罠カード、コラプス・チェアでした。
互いのモンスターを破壊した後、
破壊されたモンスターの数だけ
互いのデッキからカードを墓地に送るという
全体破壊+デッキデス効果の為に
わざと大ダメージを……って、
これダメージを受ける必要があったのでしょうか?
守備表示でもよかった様な気がするんですが。

「私に感情は必要ございません。
 備わるべきはお仕えする主を
 勝利に導く合理性のみ。
 人に使えるべきものが
 人に抱かれ震えている等
 椅子の風上にも置けない。」
「椅子に風上とか風下とかあるのか?」
今日はルークの発言が一々正鵠を射ております。

「椅子…それは人類に寄り添う永遠の従者。
 この星に文明が生まれた瞬間より今日まで
 幸ある時も悩める時も
 人間とともに歴史を紡いできた椅子!
 その進化の頂点に君臨するいすこそが
 ジスイズマッサージチェア!!」

「揉める者が椅子社会を支配だと!?」
「何を隠そうこの私こそゴーはコーポレーションが
 持てる技術の粋を結集し開発した
 究極のマッサージチェア!!
 まさにマッサージ玉座なのです!!」

マッサージ玉座とは……まるで意味が分からんぞ。
一流・普通・二流・三流・デュエリストどもき・映す価値なし
でもどきは木箱でしょうか?
デュエルからマッサージチェア製作まで
ゴーハってマジで何でもする会社ですな。
下手すれば警備関係もやってそうです。

「マッサージ玉座とは世の王族や貴族達の中でも
 選ばれし者だけがくつろぐ事を許されたまさに椅子の王。
 最上のもみ心地を極めただけにとどまらず、
 執事としての仕事を完ぺきにこなせる上、
 更には主に対し最強の帝王学を教育出来る様
 プログラミングまでが施されたこれぞ玉座の極み。」
ギョクザノキワミ!アッー!!

「即ちマッサージ玉座を従える者は
 人類を従える資格を持つ者と言っても
 過言では中目黒!!」
何という超理論。

「ネイル様はそのマッサージ玉座……
 しかも特別漆塗り限定品である
 私に座る資格のある者
 対して貴方はたかが量産品のサドルを従える
 ミジンコがごとき存在。
 あえて言いましょう。カスであ……もとい、
 人間の価値はその尻の下に
 従える椅子によって決定まるのだと!」
時事ネタで言えば上級国民には上級椅子、
庶民である下級国民には下級椅子とな?

ギア&ボーンの二脚をリリースして
暗黒の玉座{スローン・オブ・ダークネス}、
略してスロースをアドバンス召喚します。
数を脚と数えるのは凝っておりますが……
まるでドン・サウザンドの玉座です。

そしてイスの冥王ダユー略して義太夫、
もといイダユーを効果で特殊召喚し、
更にイダユーをパンプアップします。
イスの、というとクトゥルフを連想させますな。

イダユーのダイレクトアタックでジ・エンd
「火の粉のカーテン!」
火の粉のカーテンは某ホラコメ漫画の
丸太並の頼もしさがあります。
そしてイダユーは攻撃力が0に戻ります。
乾坤一擲の攻撃は見事に外れました。

「フ…どうやらお前は自分が椅子であるにも関わらず、
 絶対の確信という椅子の上に胡坐をかいていた様だな!」
椅子が椅子の上にあぐらを……?
あ、セバスチャンにスルーされちょるばい。

「お前達を勝たせる訳には
 ネイル様を敗北させる訳には
 私に座る者はさいきょうでいてもらわなそdfdさ」
バグってセバスチャン。

アドバンス召喚されたセブシャンに対して
罠カード、玉座の威光{パワー・オブ・スローン}で
イダユーのバウンスと7枚カードをドローを
引き換えに攻撃力0のモンスターに
攻撃出来なくします。

口調も荒々しくなって感情で動いているという
自覚が無く勘定で動いております。
更になる罠の王座の門{ゲート・オブ・スローンズ}で
セブシャンをバウンスさせて
「安物売れ残り品大処分セールの開幕DA!」
とカードを変化させた数々のサドルの中から
カイゾーを見つけ出せればセブシャンは戻るが
間違えたら1000バーンで敗北!!

「見つけられるか?でけるわきゃーない!
 キシャマにも聞かせてやりたかったよ!
 オリジナルデータを吸い上げた時に
 ソイツが垂れ流したヒメイを!!
 見せてやりたかったよ!
 怯えに引き裂かれた目を!!」

「お前がカイゾーをカチコミしたのか!!?」
「アイアムキングオブチェアー!!
 パシリに命じたに決まっておろうが!
 そしてそんなクズよりも更にカスだ!!
 お前のサドルは恐怖なんて感情を持つとはのぁ!」
クズだのカスだの……by遊星

「カスなんかじゃない!
 だってカイゾーはいつだって
 私達の側ににいてくれた。
 ……かな?」

「カイゾーがいなければ私達は
 きっと多くの笑顔を失っていた!!
 ……かな?」

「そしてそんなアイツを
 遊我なら絶対に見つけられる。よな!!」

「間違えるわきゃーないだろ。」
かなかなよなとかロミンと学人とルークが
ここでもネタを忘れません。

「だってカイゾーは人の優しさや
 相手の優しさが理解出来る、
 ぼくの作ったロード…大切な仲間なんだから。な!」
「カイゾー!」「やったな遊我!」「流石です!」
さすがは遊我です。

「確かにカイゾーは超ポンコツよ!
 役にも立たないどころか足を引っ張る厄介者!!」
「だからこそカイゾーなのです!
 だからこそ私達は彼が大好きなのです!」
「それが理解らないなんてな。
 どっちがオロカかそいつに教えちゃれ遊我!!」
ダメ子程かわいいといいますが……

魔法カード、ロード・マジック-バックフローで
スロースをバウンスさせて自身の効果で
パンプアップさせてからセブシャンでダイレクトアタック!!

「椅子キングめ、あぐらをかいていた罰だ!」
ムシキングみたいだなルーク。
罰といえば……ボッシュートは
「ちからぐあいはいかがですか
 チカラグアイハイカガデスカ」
あ、壊れた。ついでに遊我達も強制帰還です。

遊我ハウスでは……
「私は遊我に…皆さんに愛されていたのですね。」
「だから安心して。貴方のオリジナルデータは
 必ず取り戻してあげるから。」
という訳で書き直されたスーパーラッシュロボの
設計図ではロボの招集装置としてカイゾーは
お尻に装着する設定になってオリオン座。
小学生は下ネタがお好きという事でしょうか?

一方セバスチャンはボッシュートされておらず……
「これ以上ネイル様のお側にいる訳にはいきません。
 私めを粗大ごみとして廃棄して下さいませ。
 後は私に代わる新しいマッサージチェアを……」
「私がそばに置きたいのは
 マッサージチェアじゃない。
 セバスチャン、君だ。」
「故障でしょうか……この様なプログラムは
 インストールされていない筈ですが……」
セバスチャンの目にも涙。
どうやらネイルはただの部下には冷酷ですが
身内の部下は大切にする模様です。
来週の敵は一体!?

来週はヨシオが世紀末覇者verで
ミミと親子対決デュエルをしております。
一応ミミもゴーハ幹部ですので
これもセツリとのデュエルに……
まさかヨシオの敗北が
1敗に数えられるのでしょうか?
もしかしてヨシオは敗者要員に……
昭和VS令和の世代対決の結末は如何に!!?
オトナはつらいよ……
男はつらいよのオマージュですか。
(年齢バレバレ)


































では、又来週!!


本陣へ撤退
本陣へ撤退
撤退
撤退